◎小学校の英語教科化の移行期間 

(1)2018年より小学校の英語教科化の移行期間に入り、2020年からは英語が小学校の教科として導入され、
  通知表にも表記されます。
(2)英語の教科化に伴い、小学校・中学校・高校とも英語の学習内容がかなり難しくなります。もうすでに中学校の
  教科書に、高校の熟語などが多数出てきていますが、小学校から英語を学習するぶん、中学校では新しく仮定法・
  現在完了進行形などの高校の文法も習うことになります。
(3)現在の小学校5年・6年生は移行期間の為、地方自治体の教育委員会によって英語の学習内容が任されています。
  これにより地域によって小学校の英語の学習内容がかなり違っています。大阪市は週1時間ですが、週2時間英語の
  授業を取り入れているところもあります。
(2)淀川進学塾は英会話スクールを併設し、長年小学校の英語教育に携わっています。
  
@英語の読み・書き・聞き取りだけでなく、話す力も向上させたい。  
 A中学校に入学して、英語を得意科目にしたい。
 B中学校に入学して英語学習が困らないように、先取り学習をしたい。
 C中学・高校受験に加点される、英検を小学校のうちから取得したい。
 D小学校の授業で学習している英語の理解をさらに深めたい。

そんな小学生の皆さん英語の無料体験授業を受けてみませんか?
希望者はメールか電話で申し込んで下さい。

淀川進学塾

お問い合わせ
大阪市淀川区三津屋中1―5―17
п@(06)6302-0084 

advance@joy.hi-ho.ne.jp