グルメ

味源熊祭がつけ麺屋さんに〜つけめん宏ちゃん

吉祥寺の北側、五日市街道沿に北海道系味噌ラーメン屋さんの味源熊祭りというかお店があって、味噌ラーメンを食べる時はPARCO裏の味源や井の頭通り沿いのミソイズムとローテーションしてたんですが、Webの情報によると何時の間にやらつけ麺屋さんになっていたようです。これは行かねばという事(どういう事だ…)で某平日の夜にふと寄ってきました。

味源熊祭そっくりの宏ちゃん
その雨の日でしたが、カウンターのみの店内には結構お客さんがいて、なかなか人気のようです。お店の外観が以前の熊祭りと全く同じで、木目重視の内装にもほとんど手を加えていない感じでした。まぁ考えてみると味源熊祭も人間万才というお店が昔入っていて、その頃から内装が変わっていないような気もするんですけどね…。
メニューはつけめんとラーメンの二択で、入り口に入って左の券売機で買います。事前の情報によると並盛り(350gで800円)でも麺がかなり多いらしいので、夜食的に行きたい今回は小つけ(175gで700円)にしました。ちなみにトッピングにネギやチャーシューが選べ、つけ麺は「辛つけ」というのもあるようです。

宏ちゃんの小つけ
つけ麺と言えばゆで時間が長くて待たされるかなと思いましたが、5〜6分程度で出てきました。つけ汁は少し濁った茶色で、魚介出汁の醤油ベースに酸味と甘みが軽く入った風味でした。直接レンゲですくって飲んでみると、かなり塩っぱいわりに旨味が前面に出てこないので「?」という感じでしたが、これにちぢれ麺を入れて食べると…「!」。麺の旨み(卵っぽい風味)が急に引き立ってきて、すごくバランスの取れた味になります。麺を入れて味わうためのつけ汁ってこういう事なのね…と若干感動してしまいました。思い返すとつけ汁単体で美味しいと思っても麺をつけてみるとそうでもないという事が何回かあり、これは目からウロコな体験でした。麺を食べた後にスープ割りをつけ汁に入れてもらえるので、どんな味になるのか気になって試してみたところ、うん、これも美味しい。雨の平日の閉店近くの時間帯でもお客さんが結構入っている理由がわかりました。

宏ちゃんの小ラーメン
ちなみに別の日に小ラーメンを食べに行きましたが、やはり平日の雨の深夜にもかかわらずテーブルは結構埋まっていました。出てきたのはつけ麺よりもう少しドロっとして魚の香りの強いスープでしたが、やっぱり麺の旨味を引き出すような味なのが良かったです。ただ塩気が強いのもつけ麺同様で、頼めば薄めてくれるようですがさすがに飲み干す気にはなれませんでした。美味しいことは美味しいんですが、これはつけ麺に比べるとちょっと残念な感じでしたね。

小つけも小ラーメンも麺の量は夜食に食べるにはちょうど良いくらいで、仕事帰りに寄ることが多い自分には少量メニューがあるのはすごく嬉しかったです。最近吉祥寺はつけ麺屋さんが増えてきてますが、自分的には味もメニュー構成も一番と言っても良いくらいなので、またリピートしたいと思います。

吉祥寺塩ラーメン戦争に突入なのか?〜麺屋海神のあら炊き塩らぁめんを試す。

通勤途中に吉祥寺駅付近で井の頭通りを通過するんですが、またもや見慣れないラーメン屋さんを発見しました。マルイ横のTHE SUIT COMPANYの道路向かい、お寿司屋さんの2階にすごく分かりにくい看板を出してます。夜になると入り口に他店の呼び込みの兄ちゃんが立ってたりするので、パッと見は飲み屋みたいに見えますが、れっきとしたラーメン屋さんです。入っていたのは海神というお店で、全然聞いた事ないなぁとWebで調べてみた所、新宿にあるそこそこ有名なお店のようです。公式サイトはないので、詳細はまたもや食べログの記事を参照のこと。最近自分以内でブームになってる非コッテリ系塩ラーメンがウリらしいので、早速仕事帰りに寄ってきました。

分かりにくい海神の見た目
その日は仕事が終わるのがかなり遅かったので、やっぱり呼び込みのお兄ちゃんが何人か立ってました…が、お店の中に入るとお客さんは僕一人、開店当初からこれで大丈夫なのかなぁとつい心配してしまします。注文はメニューを見て決める方式で、ラーメンは「あら炊き塩らぁめん」と「あら炊き辛塩らぁめん(違いが分かりにくい…)」の二種類から選び、それぞれおにぎり付きかどうかが選べました。実はトッピングも選べたみたいなんですが、この時は気がつかず、一番シンプルなあら炊き塩らぁめんを注文してみました。

あら炊き塩らぁめん
注文してから殆ど待たずに、白い器に透き通った透明スープと軟らかめの細麺が入ったラーメンがやって来ました。トッピングは細く切った白ネギと紅白の肉団子(鶏と海老味?)と見るからにシンプルあっさり系です。早速スープを飲んでみると、まさに潮汁のような魚系の旨みの強い味でした。若干塩っぱめに感じましたが、もしかしたら閉店間際でスープが煮詰まっていたのかもしれません。
スープと麺を交互に食べてみましたが、旨みが強いわりに臭みもなく好みの味付けでした。見た目は麺が結構多いように見えますが、味があっさりしてるせいか食べ始めると案外少なく、少しスープを残してすぐに食べ終わってしまいました。テーブルにあった説明書きによると、おにぎり付きの場合そいつを残ったスープに入れて雑炊にして食べるのもおすすめとの事。うーん、おにぎり付きにすればよかったかも…と思いつつダイエット中なのでこの日は諦めました。

同じ塩系でも中村屋は鶏ベースなのでかち合わず、飽きることなく塩ラーメンのローテーションを組めるね!とか思うのは自分だけかもしれませんが、普遍的に美味しい塩ラーメンでした。またこってりしたくない時にでも行ってみようと思っています。

大泉学園のイタリア料理店〜CHEZ VOUS(シェ・ヴォー)

西武池袋線の大泉学園駅周辺グルメにはまっている今日この頃、また新しくイタリア料理店がオープンしているのを発見しました。場所は大泉学園駅の北を東西に走る通り(大泉通りというらしい)の北側で、LIVIN OZ大泉の前を通る道との曲がり角にあります。駅からだと徒歩10分程度で、車だと専用の駐車場はないものの近くに100円パーキングもあるので、アクセスはそれほど悪くないです。公式サイトはないようなので、詳細なお店情報は食べログの該当記事などを参照してみてください。
他の新規開店のお店と同じく開店時から人が並ぶ大盛況でなかなか行く事ができませんでしたが、数カ月たってようやく混み具合が落ち着いてきたので食べに行くことにしました。

CHEZ VOUS外観CHEZ VOUS内装
店内は白と木目を基調にした明るい作りで、思ったより奥に細長く意外に広い印象でした。メニューは前菜、パスタ、スープ、肉や魚料理と幅広く、3000円程度のおかませコースまであったりと結構本格的でした。行った日は少し遅めの夕食だったにもかかわらず二人ともあんまりお腹が減っていなかったので、コースではなくサンマのカルパッチョ、トリッパのトマト煮、ペスカトーレビアンコのパスタ、イベリコ豚のソテーを各一皿ずつ頼んで夫婦でシェアすることにしました。メニューにはお酒も結構ありましたが、体調的にあまり飲みたい感じがしなかったので今回は発泡水だけにしました。
CHEZ VOUSでイベリコ豚を食したよ
発泡水を飲みながら各皿を順番に食べていきましたが、どれも旨みがしっかりあって美味しかったです。自分的には大泉学園周辺で食べるイタリア料理店としては一番かなと思える味でした。細かいことを言えばパスタの塩っぱさやソテーの油っぽさはちょっと好みから逸脱してたりもしたので、吉祥寺のお気に入りのお店と比べると評価はまだ定まらない部分もあります。でも総じて好みの味だし、盛り付けやホスピタリティも良いので、吉祥寺に行く気力がない時でもかなり満足できるお店でしたね。
ちなみにお値段も吉祥寺に比べると安めに設定されており、味を考えるとコストパフォーマンスも結構良かったです。

ちょっと面白かったのはすぐ隣に大泉学園では有名なお菓子やさん「おだふじ(公式サイト)」の工房があり、お菓子の種を持った職人さんが複数の工房の間を行き来する姿が見える事です。多分直接関連はないんでしょうけど、なかなかほのぼのとする風景でした。

という事でご近所の方はぜひ行ってみましょう。吉祥寺へ足が遠のく事請け合いです。

痺れる担担麺を食す〜吉祥寺の麻辣商人

時々スパイシーな担担麺が食べたくなる性分のようで、そんな時は吉祥寺の蒼龍唐玉堂(公式サイト)で坦々麺を食べる事にしています。今年の夏はそんな気分になることが多く、そこでいろんな担担麺にチャレンジしてましたが、流石に飽きが来てしまいました。そんな折、吉祥寺駅南口に坦々麺屋さんを発見しました。その名も「麻辣商人」、いかにも辛そうな名前のお店です。看板によるとウリは汁なし担担麺という奴で、特に山椒が利いてて「痺れる」味わいとのこと、こりゃ気になるという事で早速入ってみました。ここも公式サイトがないようなので、お店の詳しい情報は食べログを参照のこと。

麻辣商人外観
メニューの紹介の前にお店の場所を書きますと、JR吉祥寺駅南側の井の頭通りと吉祥寺通り(バス通り)の交差点(交番とJRの高架がある)から井の頭通りを東に進み、吉祥寺駅公園口前に入る細い道との分岐のあたりにあります。元ペッパーランチの居抜きなので、席はカウンターのみになっており、入って左側の券売機でメニューを選びます。大雑把に言うと汁なし担担麺、冷し汁なし担担麺、マーラー麺(汁あり担担麺)を選べ、さらに汁なしは無印と特製が選べます。さらに席について食券を渡すときに、辛さを5段階から選べます(卓上の調味料で調整することもできるようです)。

実は既に何回も行って幾つか食べているので、それぞれ感想を書いてみようと思います。
特製汁なし担担麺+とろ玉付きが出てきたの図
まず汁なし担担麺です。いつも特製ばかり頼んでいるので無印と違いが分かりませんが、パッと見はひき肉と細ねぎの輪切りが山盛りになっており、麺が全く見えません。食べる前に「よく混ぜてから食べてくださいね」と店員さんに釘を刺されるので、言われた通りごりごり混ぜると中にやや細めのストレート麺とスパイシーなつけ汁が見えてきます。今回はとろ玉という温泉卵が付いてきたので、そいつを上に乗っけてみます。
特製汁なし担担麺+とろ玉付きを食べる寸前の状態
で程良く混ざったところで一口食べると、口に入れた瞬間からまずピリっと山椒が効いてます。確かに辛いことは辛いんですが、食べ続けてると痺れ感がより強くなって来る感じですね。味の配分的につけ汁が麺に勝っているので、途中でご飯が欲しくなる事請け合いです(太るのが心配で頼みませんが…)。

マーラー麺を食べる
次に汁あり担担麺の「マーラー麺」の感想をば。こっちは赤茶色の汁にやっぱり細めのストレート麺が浸かっている感じです。あんまり赤くない見た目の通り辛さは担担麺によりも弱いですが、山椒はめちゃくちゃ効いてます。食べてるうちに口の中がビリビリして、ちょっと他の味が分からなくなってしまいました。予め覚悟できてれば楽しめる気もしますが、一般受けはしないんだろうなぁと思うくらいでした。

という事で、スパイシーな気分になりたい時に蒼龍唐玉堂と並んで選択肢に入るお店になりました。いつも結構混んでいますが、お客さんの回転が早いせいか並んでても待ち時間は短いのでご飯難民の時も使いやすいですし、スパイシー好きの方におすすめのお店でした。

やっと吉祥寺の中村屋に行けた。

恵比寿のAFURIに行ってからずっと気になっていた吉祥寺のラーメン屋さん「中村屋(公式サイト)にようやく行く事ができました。何度も目の前を通る機会はあったんですが、お店の外に行列が出来ていたりお腹いっぱいだったりと間の悪いことが多く、そうこうしてる間に結構時間がかかってしまいました。

中村屋の外見
場所は吉祥寺駅北口を西に進むとあたる中道通り沿いにあります。夕食の時間帯に通ると猛烈な豚骨臭がして「これが中村屋の香りなのか!?」と思ってしまったりする事もありますが、これは少し手前のネパール料理屋さん「ナマステカトマンズ」の香りなので間違わないようにしましょう(というかこの間カレーを食べに行って初めて気がついた)。
この店舗はチャイナドール→WPC(公式サイト…何故か吉祥寺の記載はありませんが)→中村屋と変遷を経てるわけですが、看板をみると「中村屋@WestParkCafe」と書いてあり、WPCは潰れたわけではないようです。実際店内に入ると2階への階段にWPCの看板がかかっており、中村屋は1階部分だけのようです。
注文は食券式ではなく、メニューから選んで店員さんに伝える形式でした。普通のラーメンは塩と醤油から味を選ぶことができ、あじ玉やチャーシュー入りのものも選べるようになってました。他につけ麺や季節限定の冷やし麺なんかもありましたが、初めて入ったお店なので無難に僕は塩ラーメン、妻はラー油つけ麺を頼みました。

中村屋の塩ラーメン中村屋のラー油つけ麺
程なくして塩ラーメンとつけ麺が同時に登場しました。塩ラーメンの方はAFURIと同系統の鶏出汁がきいた旨みの強いサッパリめのスープで、細い硬めの麺と細切りメンマ、ほうれん草、炙りの入った赤いチャーシューが入ってました。スープの塩っぱさが程良い感じなので、旨みを堪能しつつお腹に優しく食べることができましたね。系統で言うと同じ吉祥寺の黄金の塩らぁ麺 Ayumi(既に閉店したかも)の塩ラーメンと似てますが、自分的にはこっちの方が好みかも。ただ炙りチャーシューはちょっと味が濃かったので、Ayumiのトロっとした感じの方が好きだったりするんですけどね。
ちなみに妻が頼んだラー油つけ麺は醤油と(多分)酢が入った結構濃い目の味付けでしたが、それでも他店の味付けに比べると辛過ぎず塩っぱすぎずな感じでした。まぁ美味しいことは美味しいんですが、あんまり特徴がないので自分的にはちょっと中途半端な感じでした。

と少し文句も書きましたが、AFURI系のラーメンを吉祥寺で食べられるという意味では貴重なお店です。各ラーメン共にハーフサイズも選べるようになっているので、ガツン系のラーメンは食べられないけど小腹が空いた時に活用してみようかと思っています。