Web

blog〜その後

割烹よしをblog化計画のためnicky(公式サイト)というcgiプログラムをhi-hoに置いてみたんですが、どうも上手くいきません。なんとかhi-hoに設置はできましたが、ezwebで上手く閲覧できなかったり今までのSunBoard(公式サイト)と機能的にあまり差がなくなってしまいます。やっぱりblogへの道は険しく遠いみたいです。

nicky導入はそんな結果だったので、別に良いcgiはないものかと彷徨っていたら、ちょうど良いのを見つけました。WebLiberty(公式サイト)というサイトでフリーで配布しているWebDiary Professionalというcgiプログラムです。このプログラムの最大の特徴はPerl環境のみでmovabletype並の機能が提供されている点です。設定するサーバさえ許せば、日記のカテゴリ分けやトラックバック機能、検索、画像のアップロードまで何でもござれな感じです。そして素晴らしい事に我がhi-hoサーバでも動作実績があるようです。こりゃ凄い!!、というわけで早速導入してみました。

流石に配布されたファイルを展開してアップロードしただけでは期待通りの機能は実現できませんでしたが、ちょいちょいと弄れば概ね動作するようです。そんなわけで忘備録も兼ねて動作内容を記したいと思います。参考までにhi-hoの場合、cgi等実行ファイルはcgi-binディレクトリに、それ以外のドキュメント及び画像ファイルはhtmlディレクトリに置かなくてはなりません。つまりここが弄る部分になるわけです。

まず基本的な日記機能はダウンロードしたファイルを展開してFTPでアップロードするだけで動きます(windows2000のエクスプローラからではダメでしたが…)。ただしhi-hoサーバの場合、スタイルシートの定義ファイル(style.css)はcgi-binディレクトリでは認識されないため、htmlディレクトリに置かなくてはなりません。それに従いstyle.htmlにスタイルシート定義ファイルのパス(絶対パスが良いみたいです)を書かなくてはいけません。ちなみにテンプレートになるhtmlファイルは参照されるだけのようなので、これはcgi-binフォルダ内でも良いようです。これでまずスタイルシートが適応されました。

これで見てくれはblog風になりました。ひとまず記事のカテゴリ分けや検索は機能してます。またezwebでも参照と記事の投稿ができました。
トラックバック機能はあまり必要性を感じないので、今後は画像アップロード機能やメールでの記事投稿機能を弄くってみようかと思っています。

しかしこの超多機能CGIをフリーで配布している作者様には本当に感謝です。この場でお礼をさせて頂きたいです。

blog

今更ですがblog(ブログ)という言葉がwebだけでなく既存のメディアにも登場してきました。最近ではblogを使える日本語サービスもかなり出てきているみたいで、僕も使ってみたいなぁと思い始めてみました。
まぁそもそもblogってのはどういう概念かともうしますと、「管理人が気になるネタやとかニュースを記述してコメントやトラックバックをつけているサイト」というふうに僕は解釈しています。

うちのサイトも最近はお料理トピックスもあんまり更新できず、ほとんど日記サイトになっている昨今、思い切ってblogにしちゃおうかなって思ったわけです。特に日付別の管理やカテゴリわけができればいろいろなネタを書きやすくなりますし、閲覧する方々の利便性も向上します。また様々なplug-inを活用すれば携帯電話などの環境を選ばずに閲覧や更新できるようになります。今使っている日記CGIだと日付やカテゴリ別の管理ができないので、その辺を目標に探し中です。

今のところはhi-hoはCGIの実行環境が特殊のため、フリーで配布されているCGIの多くは改造しないと動かない事が多く工夫が必要みたいです。hi-ho版が配布されているnicky(公式サイト)が一番簡単にblog風にできそうですが、カテゴリを登録する機能がα版なのでPerl素人の自分ではカスタマイズに自信がないのが辛いところです。

blogへの道は険しく遠いみたいです。