デジタル

デジカメを買い換えよう〜NEX-7を考える。

NEX-7
まだ生まれてませんが、最近子供の写真を撮るためにデジタル一眼の買い換えを考えるようになりました。
そもそも今使っているPENTAXのk-mが初めてのデジタル一眼だったんですが、これでAPS-Cの表現力のすごさを体感してしまったがゆえに、もうコンパクトデジカメやスマートフォンのカメラには戻れんなぁという気分になっていました。ただ実際使い続けているとその大きさに不満を感じることが増えたのも事実で、特にこれからは子供関連の荷物が絶望的な勢いで増えそうなので、もっと持ち運びやすい小さいサイズのものに買い換えたい!と思うようになってきました。
それともう一つk-mに不満がありました。それは動画撮影機能です。そもそもk-mに動画撮影機能はなく、もっぱらVictorのGR-DVP7という約10年前に買ったminiDVカセット形式のビデオカメラに頼ってましたが、その取扱いの面倒さから最近は全然稼動していませんでした。子供が生まれるとなると、その記録のためにより高画質でかつ使い勝手の良いビデオカメラが欲しいなぁと思えてきたわけです(将来子供が結婚するときに生い立ちビデオ作らないといけないですしね…)。ただ単機能のビデオカメラと一眼カメラをそれぞれ持って歩くのもどうも面倒くさいので、ここは一つ最近流行りのデジタル一眼一台で全てを賄えたらイイなぁ〜などと思ったわけです。

ということで、少なくともk-mと同じAPS-C以上の撮像素子を採用しフルHD動画撮影ができるデジタル一眼…と検索してみたところ、たどり着いたのがソニーのNEXシリーズというわけです。従来のNEX-5でも十分に要件を満たしていましたが、いろいろ比べてみると最近発表されたフラッグシップ機のNEX-7が気になってきました。ぱっと見はNEX-5とあまり変わりがないように見えますが、よく見るとEVFがついていたりAFが速くなっていたりとNEX-5でちょっと不満な点が改善されています。それと何気に面白そうなのが、従来のNEXシリーズと異なりαシリーズ用のオートロックアクセサリーシューがついている事です。NEXシリーズのアクセサリーもかなり充実してきてはいますが、既にαシリーズ用に販売されている数多くのオプションが使えるはなかなか本格的で、どうせ購入するならNEX-7という気分になってしまいます。

それともう一つ、NEXシリーズに興味を持っている理由があります。それは今回新NEXシリーズと共に発表されたLA-EA2という製品で、より上位に位置するAマウント規格のレンズをNEXシリーズで使えるようにするためのマウントアダプタです。Aマウントのレンズを持ってない自分にとってこの製品がどういう意味があるのかというと、実は動画撮影に非常に役立ちそうなのです。詳しいことはAV Watchの記事を見てもらうと早いんですが、要は動画撮影時のフォーカス精度がかなり上がりそうなんです。
そもそも今までもデジタル一眼の動画撮影機能に興味は持っていたんですが、フォーカスの追従が実用レベルでないとか、コマ数不足でちらつき(フリッカー現象)が出るとか、手ぶれ補正が弱いので歩きながらの撮影は無理とか散々Webのレビューでけなされてたので、なかなか買う気が起こりませんでした。しかし最近のデジタル一眼は撮影できる動画のコマ数がかなり増えてきておりチラツキ軽減が期待できそうですし、manfrottoのMODOSTEADYみたいに安価なスタビライザー(詳しくは紹介記事参照)が手に入るようになったので手ぶれ対策も何とかなりそうになってきました。そしてフォーカス精度の問題についてもLA-EA2はかなり改善できそうなので、これだけ条件が揃えば動画撮影をデジタル一眼に任せられそう!という気分になってきたわけです。

という事で今のところ、NEX-7を発売日に買ってしまいそうな感じになっております。さすがにいきなりオプションを全部揃えるとかなりの値段になってしまうので、まずは本体だけで使ってみて不満な部分に対していろいろ買い足す方針を考えていますが、それでもビデオカメラとデジタル一眼を買い揃えるよりは安く済みそうなのがすごいです。あとは実写の写真や動画のサンプルが公開されるのを首を長くして待ってみようと思います。

我が家にXperiaがやってきた。

少し前になりますが、Xperia acroの開封の儀について書いてみようと思います。
今回は発売日が告知されてすぐヨドバシカメラ吉祥寺で予約をしていたため、発売数日後に店舗で入手することができました。契約作業は従来使っていたauの携帯電話(W61S)を持参してプランの変更の確認と幾つかの告知を受けた後サインをするだけで良く、その後回線接続確認のため40分ほど時間を待ってから精算という感じで小一時間程度で終わりました。この時ヨドバシカメラのポイントカード移行手続きも勧められましたが、購入時はまだAndroid向けのモバイルSuicaアプリが配布されておらずW61SにFelica機能を残しておかなかったので、今回はお断りしました。

ヨドバシカメラの紙袋の中身Xperia acro IS11Sスタートアップガイド
という事で家に帰って早速セットアップしてみました。最近の携帯電話はどんどんパッケージが小さくなってきており、W61SのA6版辞書サイズよりもさらに小さくて、小さめの筆箱サイズになっていました。iPhone3GSを買った時と同じく説明書は薄っぺらい紙が数枚ある程度で、あとはmicroUSBケーブルとUSB→ACアダプタが入っていました。将来の売却も考えて箱を取っておく派の自分にとって、このシンプルパッケージはうれしい配慮ですね。その他ヨドバシカメラの紙袋のには、回線接続確認の間に購入した液晶保護シートとクリアケースと、auの契約書類、それにXpera acroを買うともれなくついてくるムック本「Xperia acro IS11S スタートアップガイド 日経BP社」が入っていました。ある意味このムック本が取扱説明書代わりなんでしょうね。
で次はこの小箱からxperia acroを取り出し、液晶保護シートを貼る儀式を始めます。この手のデジタルガジェットを買うと必ず液晶保護シートを貼ることにしてますが、どうしても気泡が入ってしまいます。ホコリが入ると気泡が入りやすいという話を聞きつけて湯気モウモウにしたお風呂場で貼ってみたりしたこともありましたが、やっぱりどうもうまく行きません。さてどうしようかとスマホグッズ販売コーナーで悩んでいたところ「100%気泡が入らない液晶保護フィルム(BSEFIS11SBK)」という製品があるじゃないですか。原理はよくわかりませんが、今回はテクノロジーの進歩にかけてみたい気持ちになったので、これを貼ることにしました。家出購入時から付いているシートをさっと剥がして、このシートをさらっとはると、おお気泡が全然入らない!。後から定規などで気泡を追い出す作業なんかも要らないので、文字通り取り出してさっと貼るだけで作業が終わってしまいました。テクノロジーの進歩ってすごいです。

Xperia acro IS11SとiPhone3GS
次に本体をiPhone3GSと比べてみると、サイズはiPhone3GSより一回り縦に長く、スクエアなデザインのせいか若干厚みがあるように感じます(実際の最大厚の差はあんまりない)。左手で握るとちょうど人差し指と中指がボリュームボタンのあたりにかかってホールド感もあり操作はしやすい感じでした。本体下側のハードウェアキーは若干ペコペコしてて頼りない感じがあるものの、microUSBやミニフォーンジャック周辺の剛性はしっかり確保されてそうなの頻回のコネクタ抜き差しにも耐えられそうな印象でした。カメラを使うため横持ちににしてみると左手の指がレンズにかかりまくるので、両手の人差し指と親指ではさみ込むように持った方が良さそうでしたね。それとシャッターボタンの長押しでカメラを起動することができるのですが、レイアウトのハードシェルジャケット(RT-IS11SC3/C)を装着した状態だとシャッターボタンが遠くなってしまうので、ちょっと指を押し込むようにしないと上手くシャッターを切れませんでした。

後は添付の注意書きに従ってOSアップデートを行い、とりあえず使える状態になりました。数日間素のままで使ってみたら通話もデータ通信もろくにしていないのに電池が1日持たなかったので、タスク管理アプリで省電力化設定するのは必須な印象でした。あとmicroUSBケーブルや外部バッテリも揃えて充電環境もつくってやりたいですね。Androidは初めてなのでいろいろ学ぶことが多くて大変ですが、やっぱり新しいガジェットは楽しいものです。

ソニーの変なマウス(VGP-BMS80C)レビュー

VAIO Pを買った時にもらった10000円クーポンの賞味期限が近いのでソニースタイルで何か欲しいものないかなぁとうろうろしてたところ、面白いガジェットを見つけました。「VGP-BMS80C(製品情報)」というマウスで、普通にマウスとして使える以外に、リモコンのように手に持って親指でカーソルを動かせるという機能がついたものです。
ちょうど今使ってるlogicool MX1000(ディスコン製品なのでサポート情報)の内蔵バッテリが経年劣化して持ちが悪くなてきており、logicoolのMX Air(製品情報)の値下がりを待って買い換えようと目論んでたところそのまま入手困難になってしまったところだったので、早速ポチッてみました。

VGP-BMS80C到着VGP-BMS80Cブリスターパッケージの中身
家に着いたソニースタイルのダンボールを開けると、目的のVGP-BMS80Cはブリスターパッケージに入ってました。裏側の紙を外すと、ドライバCDや取扱説明書、単三電池2本に加えて持ち運び用の布袋なんかも同梱されてました。パッと見は小型携帯電話といった風情で大きさはPocket Wifiをひと回り小さくして厚みを2倍にしたような感じですが、単三電池が2本入るので持ち上げると案外ずっしりしてます。とりあえず本体右側面にある電源スイッチをonにスライドさせてconnectボタンを押すと、Windows7のBluetooth機器の追加からサクっと認証できました。

VGP-BMS80Cマウスモードの持ち方
まずマウスとしての使い勝手ですが、今まで使っていたMX1000と比べるとかなり小さく、また非エルゴミックデザインのため全くフィット感がありません。ひとまず手全体で覆い隠すように握って操作してみたところ、2ボタンマウス的に使うのであれば問題ありませんが、オプティカルフィンガーセンサー部を使ってホイール動作をするのは不可能になってしまいました。なので掌で覆うよりは指を起こして人差し指で左クリックとホイール操作、中指で右クリック操作と使い分けると勝手が良いようです(その代わり長時間使ってると小指球が痛くなってきます)。ちなみに先端側面についてるSCROLLボタンはエアモードへの切り替え機能しか割り振られていないので、マウスモードで使ってる分には操作を機にする必要はないようです。
VGP-BMS80Cエアモードの持ち方
気をとりなおして今度はエアモードを試してみます。マウスをヒョイと持ち上げて親指でオプティカルフィンガーセンサー(OFS)…十字キーの真ん中辺りを撫でるとに切り替わります(もちろんSCROLLキーでも切り替わります)。前述のようにマウスカーソルの操作はオプティカルフィンガーセンサーを親指で撫でて行い、センサーの中央が左クリックに対応というのが基本動作になります。またオプティカルフィンガーセンサーの外周にあるリング状の十字キー、その下のENTキー、BACKキーがそれぞれキーボードの十字キーとENTER、BackSpaceキーに対応しており、フォルダ内のファイル選択なんかではこっちで操作すると勝手が良いですね。文字入力に関しては手前のKBDキーを押してOS標準のソフトウェアキーボードを起動させるんですが、オプティカルフィンガーセンサーでマウスカーソルを動かしてキーを選ばないといけないので、特に日本語の文章を入力するのは現実的ではないです。以前のモデル(VGP-BMS80)は専用のキーボードソフトが起動して十字キーで文字を選択できたようですが、残念ながらこのモデルでは付属してきません。うーん、もったいない。
実際の使い勝手の方ですが、オプティカルフィンガーセンサーは細かい操作に全く向いていないので、カーソルを大雑把に動かしてクリック操作をする道具と割りきった方が良さそうです。十字キーの上にあるVAIOキーを長押しすると起動するアプリケーション(+コマンドラインオプション)を設定できますが、TABキーやフリップ動作に割り当てることはできないのでこれ以上の使い勝手の向上は難しいようです。もしHTPC的に使うのであれば、アイコンや文字を可能なかぎり大きくするか、思い切って解像度を下げる、もしくはクロスメディアバー(XMB)みたいなランチャーやファイラーを入れるくらいですかね…痒いところに手が届かない仕様なのが痛いっす。

という事でなかなかの曲者でしたが、メインマウスとして使う分にはまぁまぁという感じの製品でした。自由度はかなり限られてるものの工夫の余地はあるので、いつしかHTPCを構築したら活躍してもらおうと思っています。

Xperia acro IS11Sを予約してみた。

Xperia acro IS11S
Android auなんて宣言を聴いてから久しいですが、なかなか理想的な端末が発表されないのでW61Sを使い続けてました。このW61Sは比較的初期のKCP+端末でかなりのもっさり動作なのが玉にキズなものの、数少ない光学ズーム付きのデジカメを搭載してて色づくりも好みだったので重宝してきました。ただ最近はバッテリの劣化がひどく、待受だけでも1日で電池の目盛りが1/3まで減ってしまったり、モバイルSuicaの認識が悪くて改札で引っかかってしまう事が増えたりと、道具として使い続けるのが難しくなってきました。
そんな中夏モデルのandroid携帯が発表されたので、またもや買い換えを検討することにしました。

昨年の秋冬モデルを検討した時と同じくW61Sからの買い替えなので、Felicaは必須、カメラはそこそこで良し、バッテリの持ちが悪くない事が条件となります。それに加えてiPhoneで使っているPIMやカーナビをも移行したいので、液晶をタッチしたときの反応速度や日本語入力もiPhone3GS以上を目標にしたいところです。タッチに対する反応速度についてはIS01のガッカリぶりにしばらく買う気が起こりませんでしたが、最近後輩のIS04を触ってやっと許容範囲になってきななぁという感じです。
なのでIS04やIS05でも良いかなと思っていましたが、夏モデルのラインナップを見たところかなり個性的な端末がたくさん発表されていたのでそこからピックアップしてみる事にしました。候補としてはデザインとインターフェイスの面白そうなINFOBAR A01Xperia acro IS11S、防水対衝撃でヘビーデューティ仕様のG'zOne IS11CAあたりが物欲をそそられました。ただINFOBAR A10はまたもやバッテリが1030mAと少なく、一台持ちとしての使い勝手の悪さから脱落となりました。G'zOne IS11CAはかなりそそられましたが、そこまであんまり嵩張るのも困るしヘビーディユーティ仕様は特別必要なかろうという事でXperia acro IS11Sに決定しました。ウワサによると6月24日発売らしいので思い立ったが吉日、早速吉祥寺のヨドバシカメラで予約(予約特設ページ)してきました。

また先週表参道に行く機会があったので、ついでにKDDIデザイニングスタジオに寄ってXperia acroの実機を触ってきました。Android自体に使い慣れてないのでアレですが、POBoxでのフリック入力はなかなかのデキでiPhone3GSに比べるとわずかに入力漏れがある程度で長文を入力することできました。iPhone3GSと違って1文字入力するたびにバイブレーションしてくれるので、慣れてくればiPhone3GSと同程度以上に高速フリック入力ができそうな予感です。他にYoutubeの再生やフラッシュを使ったWebサイトの表示も試してみましたが、いずれも実用レベルに達している感じで、尚更欲しくなってしまいました。

ただ仕事で常用しているモバイルSuicaへの対応が7月23日以後(JRのFAQ)だったり、ezwebメールへの対応が9月以後までかかりそうだったりと実用上の問題がないわけではないので、W61Sとの併用やau-oneメール経由でezwebメールを見るなどして乗り切ろうと思っております。うーん楽しみ。

新デスクトップパソコンのスピーカーにJAMBOXを買ってみた。

タイトルがすべてを物語ってますが、今回はデスクトップパソコンを新しく自作したついでにスピーカーを新調したお話を書いてみようと思います。もともと自宅のデスクトップではRioのLIVE airというワイヤレススピーカーを使っていましたが、USB送信機の調子が悪くて接続が安定しないので新しく買い換える事にしました。主たる音楽再生はリビングのネットワークプレイヤー(AV-LS300DW)で行っているので、エンコードしたMP3や動画、Youtubeの音声を聴く程度。新居で買い直した小さな机でも使い易いように、専有面積が少なくてケーブルもゴチャゴチャしないものという条件で物色してみました。

まず5.1ch再生は不要だし専有面積も広くなってしまうので、ウーファーを含む2.1ch以上のものを候補から外しました。それにケーブルをなるべく減らそうとすると、バッテリ駆動のワイヤレス製品かUSBバスパワー駆動の製品が良さそうです。自宅や出張先でSkypeを使う可能性も考慮すると、bluetooth接続でバッテリ駆動するポータブルスピーカーが製品数も多いのでそこから探すことにしました。
amazonなどで検索するとbluetoothの普及と相まって相当数の製品が出回ってましたが、JAWBOX(製品情報)という製品が目に止まりました。ハンズフリーキットで比較的有名なJawbone(代理店サイト)という会社の製品で、Webのレビューを読むと使い勝手も音質もかなり良いという評価のようです。値段がかなりお高いのが弱点ですが、旅行先に持って行ったりもできるのでまぁ使い倒せば元は取れるかなという感じです。いつもだとamazonで買うことが多いんですが、この製品はどこもほとんど値引きしていなかったので、むしろポイント分がお得になる吉祥寺のヨドバシカメラで買ってきました。

JAMBOXがやって来たJAMBOXと付属品入れ
という事で開梱の儀です。
既にたくさんのWebサイトでレビューされているように、包装が実にかっこ良くApple製品のようにプラスチックケースの中にJAMBOXが鎮座しています。とりあえず上半分とした半分を繋いでるテープを剥がして下の紙部分をスポっと抜くと中に黒い紙箱があり、手前の壁を開けると中にケーブルや説明書が入ってました。この取扱説明書を読んで同梱品を確認した後、本体を取り出そうとしたところではたと困ってしまいました。というのも透明なプラスチックケースをいくら眺めてみても、JAMBOXの取り出し方が分からないのです。適当に開けようとするとケーブルが収められている黒い紙箱を壊してしまいそうなので、なかなか思い切って開けるわけにも行きません。うーん困った。
そんなふうにして長い間プラスチックケースを眺めてたところ、両側面に爪状の構造物がある事に気が付きました。他の面には全くとっかかりがないので、どうもこれを抜くしかないようです。ちょうどそこに透明なテープが貼ってあったのでそれを丁寧に剥がし、爪を内側に押しこんでみたところようやくプラスチックケースを開ける事ができました。

JAMBOX開梱完了
少し時間がかかってしまいましたが、ようやく本体のお出ましです。今回選んだのはグレイヘックスという色で、外周は金属の金網みたいな質感でボタンの付いた天井と底の部分がゴム製になっております。手に持ってみるとずっしりとしてて、実際の重量(327g)がVAIO Pの半分くらいしかないわりにかなり重く感じました。側面のスイッチを上にスライドさせると「ひょろろろん」という音が出て電源が入ります。この音がまたずいぶんな迫力でびっくりしまいます。ペアリングモードに移行するにはこのスイッチを上方向にスライドさせたまま数秒保持しておく必要があり、スイッチ自体が赤白に点滅するのが目印です。取扱説明書には最初からある程度充電されてますって書いてありましたが、我が家の個体は起動してもすぐ電源が切れてしまうため、側面のmicroUSB端子で充電しながら試運転をしてみました。ペアリング作業は特別なことはなく、Windows7でもiPhone3GSでもさくっと認識されました。とりあえず試しにWindwos7上のiTunesで音楽を再生してみると…ぬおっ!とびっくりしてしまうくらい迫力のある音が出ました。いろいろ曲を聴いてみたところさすがに定位感はあまり感じられませんが、とにかく音圧があってズンズン来る感じです。音割れはどうかなーと試しに少しボリュームを上げてみましたが、本体が音割れを起こす前に置いてある本棚がビビリ音を発してしまいました。仕方が無いので床に直置きしてボリュームをさらに上げてみましたが、実際マンションの部屋で聞くレベルの音量でも全く音割れは起こりませんでした。
Webのレビューで好評だったのである程度音は良いんだろうと思っていましたが、まさかここまでとは思っていませんでした。他の人も指摘しているように、このサイズでここまっでの音を出す製品にはまだ出会ったことがないというくらいです。もしかしたら本体重量がある程度あることゴム底であるあたりに音のヒミツがあるのかもしれません。

JAMBOXとiPhone3GS
次にJAMBOXのもう一つの特徴、microUSB経由で音声ガイドやアプリケーションをインストールできるというのを試してみました。これをするには、まずMYTALKというWebサイトでユーザー登録ををしてJAWBONE UPDATERをインストールする必要があります。その後上記のWebサイトで好きな音声ガイドやマルチファンクションキーの機能を選ぶと、ファームウェアの書き換えをすることができます。音声ガイドは英語であれば「Hero」「Ace」等キャラクターをいろいろ選べますが、残念にながら日本語は一種類しかありませんでした。
という事で大満足のJAMBOXでした。今回はデスクトップパソコンで使うこと事だけを考えてたので、iPhone3GSと並んだ写真を載せてますが音声ダイアル機能などはまだ試していません。こちらはまた別の機会にレビューしたいなぁなどと思っています。