個別表示

映画プールを観た

映画プール
最近映画づいていてやたらに映画館に行ってます。しかし収穫の方はイマイチで、この間はしんぼるで大コケしました。なので今回はもう少し当たりそうなユル系映画、プール(公式サイト)を観てきました。ユル系だけにストーリーを書くとほぼ全編ネタバレになってしまいますが、公式サイトに書いてある内容が全てとも言えるので、読んでから観ても良いかもしれません。

お話はタイの空港に主人公のさよ(伽奈)が降り立ったところから始まります。頼りない青年市尾(加瀬亮)に連れられ、さよの母(小林聡美)のゲストハウスに向かいます。そこで共同生活している菊子(もたいまさこ)、タイ人の少年ビーと出会い、しばらく一緒に時間を過ごしそして帰国する、書いてしまえばそれだけの話です。
もちろんそれぞれそれなりの問題を抱えていて、ビーは(おそらく自分を捨てて)行方不明になった母親を探し、市尾はそれを手伝い、さよは自分を祖母に預けてタイに行ってしまった京子への想いを打ち明け、そして菊子は余命宣告受けたにもかかわらずそれを大きく超過して生きています。これらはゆるやかに語られるだけで、ダイナミックに展開することはありません。
演出的にはナレーションもBGMもなく(小林聡美が歌う歌はありますが…)、どのシーンも十分なな間をとって撮影されているため、あたかもその場に自分が居合わせているような感じを受けました。ゆるやかな展開もすごく日常的で身近なので、一つ一つの事件が自分の友人や知人におきている等身大の事件として心に染み入ります。なのでストーリー的にはユルかったし大きな事件もなかったなぁ〜と思うんですが、その反面「なんでこんなに心を揺すられるんだろう??」と感じるところもありました。

そんなわけで、展開の突飛さはありませんでしたが、意外にずっしりくる話でした。何か面白い事件が起こることで感動させるんじゃなくて、関係性の暗示だけで感情移入させられる映画ってのもなかなか面白いものです。比べるのもアレですが、しんぼるよりは全然面白かったです。