個別表示

吉祥寺の新しいラーメン屋さん〜めんだの方はどうだったのか?

以前紹介した吉祥寺の北にある名前が変わるラーメン屋さん「ラーメン四郎」の、お昼の部「めんだ」の方に行けたので感想を書いてみようと思います。

めんだメニュー
とある週末当直あけの日のお昼ご飯に寄ってきました。昼と夜でお店の名前が変わるといっても、外観や中身が変わるわけではないので、その辺の情報は割愛していきます(看板は変わってましたけどね)。お店に入ると、ラーメン四郎と同じくラミネートされたメニューがカウンター席に置いてあります。これを見ると確かに品揃えが変わっており、にぼし醤油そば、にぼし醤油ラーメン、にぼし醤油ラー飯、釜炊きご飯、冷やし中華と夜とは違って随分充実しています。にぼしを強調してるところを見るとスープが夜と違うみたいだし、油そばがウリという情報も得ていたので、にぼし醤油つけ麺に挑戦する事にしました。麺は小中大で1玉から2玉と麺の量が細かく選べるので、ちょっと小腹が空いたくらいだったこの日は小の麺1玉を頼みました。

にぼし醤油油そば
麺を茹でるところから始まってやや待つと油そばが出てきました。トッピングはチャーシュー、ほうれん草、刻みネギとシンプルで、麺は相変わらずの極太麺でした。油タレはやはり黒い甘めのしょうゆ味で、夜と違って確かににぼしの濃い香りがしました。麺はしっかり油を絡ませた状態で出してくれるので、そのまま混ぜずに食べてみましたが、うん、これは美味しい!。どうも僕はこのにぼしの風味が好きみたいです。ただ数口食べると油ダレの甘さが重く感じてくるので、トッピングしてある刻みネギをガンガンに混ぜるとちょうどバランスが取れる感じでした。
最初の見た目だとちょっと物足りないかなぁと思ったんですが、食べてみると意外にボリュームがあり、1玉で十分お腹がいっぱいになりました。

夜のラーメン四郎は見事に二郎系でしたが、めんだはかなり独自性を感じました。黒くて甘めの似たようなスープでしたが、にぼしの香りが付くと全然違う感じになるのはちょっと意外でしたね。お昼しか営業していないのはやや残念ですが、油そば食べたくなったらまた来ようと思います。