個別表示

新潟駅前で柿ポリフェノール入りラーメンを食す

外勤で新潟に行く機会が増えたので新潟のラーメンを攻略してみようと思い立ち、Webでお店を物色してます。子供の頃は新潟市に住んでいたせいか魚介しょうゆ系くらいしか食べたことがなかったんですが、燕や三条のあたりはギトギト豚骨系が多いし、長岡はしょうゆスープに生姜が入っていたりするらしく、意外にバリエーションがあるようです。他にも東横ラーメンという濃い目の味噌スープを出汁で割るというものもあるそうで、なかなか面白そうです。
ということでとりあえず近場のお店から攻略してみました。今回行ったのはJR新潟駅の万代口の東側、東横インの裏側の1階にある「越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家(公式サイト)」というお店です。メニューの能書きによると「柿ポリフェノールを練りこんだツルツルシコシコの極太麺」がウリだそうです。柿ってのがイメージ湧きませんが、ネタ的に面白そうなので食べてみました。

無尽蔵の外側
お店は、新潟駅の東側連絡通路をまっすぐ万代口方面に出ると、すぐ前にあります。ガラス張りでダウンライトなお洒落っぽい内装になっており、食券制ではないため店員さんにメニューを渡されます。スープを野菜塩、野菜味噌、鶏がらしょうゆ、豚骨の4種類から選び、麺も太麺と細麺、スープの味付けもこってり、普通、あっさりから選ぶようになっています。選択枝が多くて迷いますが、とりあえず鶏がらしょうゆラーメンにして、麺は太麺でスープは普通にしてみました。

鶏がらしょうゆラーメン
いつもラーメン屋さんで待つよりは少し長めに待たされた後、浅いお皿にスープがたっぷり入った状態で出てきました。麺は太目のちょっと透き通ったちぢれ麺で、売り文句どおりかなりツルツルシコシコしてました。味はなかなか良かったんですが、自分的には硬すぎてうまく噛み切れず、少量づつ口に入れてほお張るような食べ方になってしまいました。ちなみに柿の風味とかは全くしないので、その辺は心配しなくて良いようです。この特徴的な麺に比べるとスープは実に凡庸で、そこそこ美味しいんですが飲み干したいという欲求は全く湧きませんでした。うーん、麺をもう少し食べやすくしてスープに魅力を出してくれれば良いんですけどね、今のままだとリピートはしないかもなぁ…。
ちなみにメニューにはつけ麺や冷やしラーメンの他に、酒のつまみからビールまでそろっており、周りを見回すと独りで晩酌しているサラリーマンから女の子だけで飲み会してるグループまでいました。ラーメン屋さんというよりはラーメン居酒屋みたいな感じでしたね。

次は東横ラーメンにでも行ってみようと思います。