個別表示

BBQ HOKKAIDOのカレーは選ぶのを間違えるとかなり味が違う。

吉祥寺の無印良品の裏辺り、昔七井の月という居酒屋があった場所に新しく北海道料理屋さんができました。北海道料理と言ってもピンと来ないので具体的に書くと、お昼はカレーで夜はバーベキューをやっているお店です。最近仕事帰りに寄れるカレー屋さんないかなぁ?何て探してたところだったので、早速寄ってみることにしました。お店の詳細な情報は公式サイト、もしくはTwitterを参照のこと。

BBQ HOKKAIDOの外見
以前営業していた七井の月のほぼ居抜きで入ってるようで、お店の入口横の道路に面したところにオープンエアな席が幾つかあり、中はテーブル席が10席ほどにカウンターという構造になっています。店内は明るい色の木材をたくさん使っており、カウンターには黒いフライパンやダッチオーブンがたくさんならんでたりもして実にログハウス的な雰囲気です。こういうお店に来ると、素材を生かした味づくりを勝手に期待してしまいますね。
テーブル席に通されると卓上にはディナー、ランチのメニューが置いてありました。北海道のカレーといえばスープカレーですが、他に普通のカレー、数種類のおかずを載せたBBQプレート、グリル料理と御飯のセット、さらにはラーメンサラダがランチでは選べるようになっていました。ちなみにまだ行ったことはありませんが夜のメニューはバーベキューという事で串焼きやダッチオーブン、グリル料理がたくさん並んでいました。これもかなり気になるので是非次の機会に食べてみたいところ…職場の忘年会とかで使ってくれないかなぁ。

BBQ HOKKAIDOのラーメンサラダトマトソース
仕事帰りにお店に訪れた時はエライ暑くてカレーを食べたい気分ではなかったので、最初はラーメンサラダを注文してみました。和風とトマトソースの二種類から選べたのでトマトソースを選んでみたところ、やってきたのは写真のようなお皿です。レタスと荒く切ったプチトマトが縮れ麺に添えてあり、さっぱりしたドレッシングがよく絡んで美味しかったです。量が少なめなのが若干惜しいところですが、夏場にさっぱりしたラーメンを食べられるお店は他にないので、また食べに来たくなりそうな感じでした。

次に夫婦で来た時はカレーを食べることで意見が一致していたので、それぞれスープカレーと、普通のカレーを食べてお互い味見してみる事にしました(というか夫婦で行くと別のものを注文してシェアするのがデフォルトだったりします)。
BBQスープカレー
僕が頼んだのは「BBQスープカレー〜鶏肉」で、大きな厚手の鉄鍋にスープ状のカレールーとオーブン焼きしたパプリカや玉ねぎ、じゃがいもに鶏肉が入っていました。スープカレーのルーはサラサラしてて辛味も弱いのでちょっと薄いかな?という気がしましたが、一緒についてきた雑穀米を取り皿に分けてそこにルーをかけて食べてると雑穀のうま味と合わさってなかなか美味しく食べる事ができました。ちなみに野菜はかなり大きく切ってあるのでそのままかじるか切って食べる必要があり、アウトドア的な雰囲気は十分出ていましたが正直言うとちょっと食べにくかったです…野菜そのものはとても美味しかったんですけどね。
知床鶏の薫製ダッチカレー
で妻が注文したのはいわゆる普通のカレーで、「知床鶏の薫製ダッチカレー」というものでした。ルーがスープ状でないので、やや浅めの鉄鍋にオーブン焼きした野菜と雑穀米、カレーのルーが入ってました。それでこのルーを少しもらってみたんですが…ん?これはあんまり美味しくないぞ。味付けが甘いわりにうま味がひどく薄いので、味はそれなりにするけどやたら平板な感じなんです。雑穀米や野菜はスープカレーと同じなのでとても美味しそうに見えるんですが、それと合わせて食べるにしてもこのルーだけはいただけない。一口食べてもうイイやと思っていたところ、妻も全く同じ感想だったようです。もしかしたらこの日だけ特別に味付けを失敗していた可能性は否定できませんが、スープカレーのルーも薄めだったことを考えるとこういう味付けなのかもしれません。

という事で、ウッディで広い店内の雰囲気はなかなか良いですし、夜は串焼きにお酒もたくさんあるようなので飲み会には使いやすそうですが、どうもこのカレーのちぐはぐ感だけはいただけなかったです。とりあえず食べに行くならスープカレーにしとくのが良さそうです。