個別表示

ノルウェイの森が映画化!

シネマトゥデイという映画のニュースサイトで「松山ケンイチと菊地凛子の出演で『ノルウェイの森』始動!主要キャスト発表」という記事を見つけてしまいました。映画化の話はちょろちょろ聞いていましたが、なるほどこういうキャスティングできましたか。

監督はトラン・アン・ユン…「青いパパイヤの香り」が有名でかなり冗長な、というか空気感のある作品作りをする人です。リアリズムという意味ではノルウェイの森に似合っているような気もしますが、癖が強いので突拍子もない作品になりそうで若干心配です。とりあえず最新作品の「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(公式サイト)」は観ておいた方が良さそうですね。
で、肝心のキャストです。主人公のワタナベ君は松山ケンイチでした。うーん、実は加瀬亮がイメージ近いかなと思っていましたが、松山ケンイチの程よい暗さはいい感じに出るかもしれませんね。菊地凛子の直子は正直イメージと全く違うんですがどうなんだろう…むしろレイコさん役の霧島れいかのほうが直子のイメージ近いんですけどねぇ…でも大人っぽ過ぎるか。他の玉山哲二の永沢さんと水原希子の小林緑は良さそうですね。いずれにしても自分のイメージより若い俳優が多いです。これは小説の設定に忠実だとそうなってしまうんでしょうね。
それと気になるのは時代設定です。やっぱり原作通り1970年くらいになるんでしょうか、それとも現代にアレンジされたりするんでしょうか。自分的には原作どおりにいっていただきたいと思うんですけどね。

思い入れが強い作品だけにその出来がイマイチだとかなりゲンナリしてしまいそうですが、過去の映画化作品「トニー滝谷」や「風の歌を聴け」くらいの完成度にしてくれれば満足できそうです。映画の公開は来年だそうで、1Q84の発表も考えると最近停滞気味だった村上春樹ネタが多くて楽しみです。とりあえず小説版ノルウェイの森、久しぶりに読み直してみようと思います。