個別表示

久しぶりにレバレッジシリーズ

レバレッジマネジメント
ライフハック的な内容が多いせいか最近レバレッジシリーズを読まなくなっていたんですが、経営者向けに突っ込んだ内容を書いた新しいレバレッジ本「レバレッジマネジメント」が発売されていたので、早速読んでみました。

目次は以下の6章から成っており、内容をまとめてみます。

  1. 経営者のレバレッジ
    経営者個人の仕事の取り組みを自己問答形式で書いてます。冒頭なのでさらっと読んでしまいそうですが、ある意味常に心がけておかないといけない事のような気もしました。
  2. 戦略のレバレッジ
    事業の方向性を考えるとき、効率と集中化が大事って事みたいです
  3. 営業のレバレッジ
    お願い営業はするな、ブランド化して売り込まなくても売れるようにしろって事みたいです
  4. ブランドのレバレッジ
    受け入れやすい企業イメージを作れ(=ブランド化)の話ですが、営業のレバレッジと被ります
  5. 仕組み化のレバレッジ
    常に能動的に業務を簡略化し、効率化すべきというお話
  6. 組織のレバレッジ
    情報共有とインセンティブ、その他もろもろ

という感じで比較的小規模な営利集団をマネージメントするのに必要そうなことが列記されており、なるほど〜と思うところが沢山ありました。特に「効率的な仕組みを作る」という言葉には、そう!それこそがリーダーの仕事なんだよ!と激しく同意してしまいました。自分のリーダー観に「ある集団のリーダーは、メンバー全員が『楽に』目標を達成できる仕組みを提示しなくちゃいけない」というのがあり、それを分かりやすく明文化していたんで、とても嬉しかったんですね。
他にも、自分がリーダーでなくても組織や自分自身を効率化する上では大事なことが書いてあり、自分が所属している集団で試してみたいなぁと思わせる内容でした。

やや散文的でしたが、まとまっていない分時期を変えて読むと新しい発見がありそうなので、しばらく手元に置いておきたい本でした。久々に充実の一冊でしたね。