個別表示

後期臨床研修レジデントの勧誘とスタイルシート再勉強

最近はどこの大学病院も研修医が不足しているので、うちの科も入局プロモーションをせにゃならんと言うことになり公式サイトを更新中です。前回作ったときは病棟業務や研究と平行してやっていたのでどうしても手抜きなりがちでしたが、今回はきちんと時間を取れるので思いきった改造ができそうです。それに最近は病院の公式サイト(事務の人が作ってくれる)が充実してきたので、医局のサイトは後期臨床研修レジデントの勧誘に内容を絞って作ってみました。んで今のところのコンセプトを自分なりにまとめてみると…。

  1. とにかく見てもらう事
  2. うちの科は臓器別の科ではないので、むしろ「総合医(general physician)としての能力を伸ばせる」というのをウリにしようと思っています。この概念自体は一定の需要があるので、そういった希望のある研修医をいかにうちの科に誘導するかが重要なわけです。
    という事で、QRコードやURLを記載したポスター等の非Web媒体を展開し、携帯電話などからでも公式サイトにアクセスしてもらおうという案が一つ。それとmetaタグやtitleタグにキーワードをしっかり記載して、googleやyahooなどの検索エンジンの上位に掲載されるようにするいわゆるSEO対策、の2本立てで考えています。

  3. 欲しい情報を提供する
  4. 自分が後期研修先を選ぶ時、特に初期研修で行っていない病院や科に決める場合は職場の雰囲気が決め手になる気がします。それに自分が入局した場合の将来像がつかめる事も大事なので、所属している先輩医師になる人がどんな進路を進んでいるかを掲載して行こうと思っています。

まぁそんな大風呂敷を広げてみましたが、そもそもWebサイトの再構築自体が久しぶりなので、コンセプトはともかくHTML+CSSからきちんと書けるようにならなくてはなりません。世間はAjax全盛期ですが、そこまでの技術を身に着けるのは無理っぽいのでまずいろんな環境で思ったとおりに表示できるようになろうと思っています。

プロとして恥ずかしくないスタイルシートの大原則
そこで今読んでいるのがこの「プロとして恥ずかしくないスタイルシートの大原則」という本です。「プロとして」なんて書いてありますが、スタイルシートのちょっとした基礎知識があればアマチュアの僕にも十分読める内容ですし、特に各ブラウザごとの表示互換性などの記載はすごく役立ちます。今回はなかなかの良書にすぐ出会えたので、きれいなスタイルシートを早くに書けそうです。

しかし、このぐらいの投資で後期臨床研修レジデントがたくさん入ってくれるんなら安いもんですね。