個別表示

Trenta Tre 33 anteica trattoria〜トレンタトレ アンティカ トラットリアって名前長い!

吉祥寺の北の果てにお気に入りのイタリア料理店があり、かなりリピートしているにもかかわらずレビューしていないことに気がついたので今回記事にしてみました。最近このパターン多いなぁ。
いつもトレンタトレって呼んでいますが、正式名称は「トレンタトレ アンティカ トラットリア」。長すぎて覚えられません(お店の人もトレンタトレって読んでるし…)。公式サイトはhttp://www.trentatre33.jp/http://kichu.net/r/trentatre.htmlというURLのようなんですが、かつて接続できたためしがありません。なので詳細は東京カレンダーの記事で代用します。

トレンタトレの入り口トレンタトレの内装
場所は吉祥寺の北の果て、バス通りと五日市街道の交差点から西へ少し歩くと左手に見えてきます。ビルの1階に入っておりドアも看板も目立たないので、かなり見つけにくいです。外観はさっぱりした感じですが、中に入ると白壁に赤をたくさん使った色調で結構明るい感じでした。段差と目隠しがあるのでパーソナルスペースは結構狭いんですが、どういうわけかあまり窮屈な印象はありません。
ディナーメニューはアラカルトとコースが選べ、コースは皿数で2種類選べますが内容はほぼおまかせになります。ちなみにこのコース、後半にパスタが出てくるでビックリしないようにしておきましょう。

トレンタトレの料理
料理は味はやや濃いほうに入りますが、味のバランスが非常に良いのでお酒がないと食べられないなんて事はありません。もちろんワインも結構選べるので、お酒とあわせてもかなり良さそうです。量ついては、コースの最後でパスタの量をどうするか聞いてくれるので、過不足なく調整できるのが良いですね。だから〆にパスタを出すようにしているのかもしれません。
それともう一つこのお店で気に入っているのは、その雰囲気です。週末の夕方に行くといつも満席状態なんですが、忙しすぎて店員さんがフリーズしてしまうという事態は見たことがありません。それでいてコースの進行もしっかり見ていてくれるので、次の料理が滞る事もありません。そういう意味でいつも感心します。

こんなに良いお店なのに、ディナーコースが3300円〜4500円と吉祥寺価格なので、皿数を考えると非常にお買い得感が高いのはすごいと思います。そんなわけでついついリピートしてします。