個別表示

入門!システム思考

入門!システム思考の表紙
最近は学会演題に絡んだ文書書きが多く、煮詰まったときは新書の濫読で気分転換しています。なので本を読む量がかなり増えました。それで読む本が厳選されなくなったせいか、よく立ち読みせずに買って後悔する事も増えました。そんなわけで今回は、「システム思考」に興味があり「入門!システム思考」という講談社新書を読んでみたら、文字通り入門だけだった…というトホホなお話です。

いきなり書いてしまいますと、システム思考とは「問題があればそれを起こす仕組みを理解し、仕組み自体の改善を狙った解決方法を検討する」というアプローチのようです。で、全体の構成を簡単にまとめてみると…。

  • 1〜2章はシステム思考が必要な場面を実例を挙げて説明。
  • 3章はシステム思考をするための視点、「時系列」と「ループ図」を説明。
  • 4章は比較的良く見られる「システム原型」について一部説明。
  • 5章はシステム思考を使った行動。

1〜3章まではシステム思考についての導入で分かりやすい実例をかなり丁寧に説明しています。ループ図については、人体のフィードバックシステムを習っている僕らにはむしろ分かりやすい視点でした。なのでシステム思考とは、そういう視点を社会工学的に応用せよって事なのかな?と理解しました。
で、より実用的な匂いのする4章のシステム原型の説明ですが、これが全てのシステム原型をつぶさに解説しているわけでもなく、実に中途半端な内容で欲求不満になりました。そして5章ではシステム思考を学んだ上での行動指針を書いているようですが、これはかなり内容にまとまりがなく、全然しっくりきませんでした。

そんなわけで、立ち読みの段階で4章までざっと読み「これは面白そうだ!」と思って買ったところ、4章以降から急に尻すぼまりになり、家で読み終わったところで猛烈な残念感に苛まれるというはずれ本でした。問題を起こす構造に注目することを「システム思考」と呼ぶらしく、それについて研究している人が結構いる→つまり他に良書が存在するか可能性がある、という事を知れた所に存在意義はあったかもしれませんけどね…。
入門編にしても講談社新書の読者層ににとってはかなり情報量が少なく、もっと具体的な方法論を語って欲しかったなぁというのが感想です。