個別表示

Agendusのプロジェクト機能は意外に使える

Palmシリーズを使い始めてからずっと使っているPIM置き換えアプリケーションにiambicのAgendus for palm OSがあります。Standard、Professional、Premierと3グレードがあり、今はAgendus Mailと統合されたProfessionalを使っています。PremierはSMSと連携した機能が充実しているようですが、日本で携帯電話として使えないCentroでは意味がないので、今のところProfessionalのまま使っています。
このアプリケーション、メジャーバージョンアップ毎にお金がかかりその挙句バグだらけという難点があるんですが、他に日本語対応している良いPIMアプリがないのでついついバージョンアップしています。で、アップデート内容を眺めていたところ、最近プロジェクト管理機能が付いていたことに気がつきました。

プロジェクト管理といえば以前Progectというアプリケーションを使っていたんですが、PIMとの連携がスムーズでないので結局使わなくなっていました。ところが最近複数の学会発表の管理が必要になってきており、、Centroに登録しているタスクをプロジェクト毎に管理したいなと思っていたところなんですね。Agendusの新機能は常にバグだらけで不安定なことが多いんですが、バージョン12で実装されて今使っているのがバージョン12.07なので、バグフィックスも十分済んでいるだろうと踏んで使ってみることにしました。

Projects管理画面
カレンダーの中の「Projects」という画面でプロジェクトを登録できます。プロジェクトはカテゴリ分けと期間を設定できます。ここではガントチャート表示にはなりませんが、プロジェクト自体が毎日繰り返す時間指定のない予定として記録されるため、Centroのカレンダーを月表示にしたときガントチャート状に表示されます。これ、意外に便利でした。ただし、Agenduis for Windowsでは敢えてシンクロされないようになっているせいか、月画面では表示されませんでした。もしかしたらリスト表示で閲覧できるのかもしれませんが、Agendus for Windowsもバグ持ちのせいか、リスト表示にすると強制終了する現象が全く改善されることはないみたいです。
Projectsの登録タスク
で、各プロジェクトを開くと、カレンダーやタスク、電話連絡、メモを登録させることができます(連絡先はダメ)。登録は基本的に1つのプロジェクトに限られており、一つのタスクに複数のプロジェクトを関連させるのは無理みたいです。
本当はタスク毎に手書きメモやボイスメモ、複数の連絡先、microSD内のファイル、撮影した写真を紐付けできるので使い方次第では最強のPIMになりそうなんですが、そこはiambic製品だけあって今のところ不安定で使い物になりません。

今後しばらくはこのプロジェクト管理機能を使っていこうと思います。