個別表示

医者のロールモデル

ローテーション制度中の2年目の研修医の先生方がそろそろ入局先を決めるこの時期になると、どこの医局も研修医の勧誘合戦を始めます。最近は医師の需給の変化もあってか、入局勧誘の方針も変化している気がします。というのも大学病院や医局を運営している人達は昔の丁稚奉公的医局制度に頭まで漬かっている世代ですが、これから入局する研修医は「医局は何をしてくれるのか?」という風に考える世代なわけで、考え方がまさに180度違います。自分はちょうどその中間にあたるので、長い目で見て医局にも入局者にも利益があるように調整しなくてはいけない立場にあるわけです。

で、今の研修医と話をしていて特に心配に思うのは、入局した後に自分の後輩をちゃんと教えていけるのかな?という事です。もちろん入局時は「何をしてくれるの?」という立場ですが、数年すれば後輩が入局し、それに対して教育をしていかなくてはなりません。こういう事ってやれといわれてなかなかできることじゃないですよね。過去の自分はどうだったのかと振り返ると、入局時は10年以上のキャリア差がある先輩医師しかおらず、忙しかったですが非常に丁寧に教えてもらった気がします。あと能力差がものすごくあったせいか、手の届きそうにない先輩を目標としていつか追いつき追い越そうとしていた気がします。今の自分が後輩にいろいろ教えるのが好きなのは、多分この体験からきているんだと思うんですよね。
そんなわけで、結局自分が真似したい先輩=ロールモデルとなる医師がいたほうが勧誘するにも入局者を教育するにも良いのではないのかなと思っています。ただしロールモデルの条件として、一緒に苦難を体験する必要があり、年代が随分はなれている上の先生方に期待するのは難しいのも事実です。なのでこれまでは自分が臨床のロールモデルたろうと頑張ってきた、という感じです。

ただ最近は後輩の先生方も随分成長してきており、そういう意味では臨床面は後輩に引き継いでも大丈夫そうかなと思ってきています。しかし研究面ではどうか?と思うとちょっと弱いんですね。研究は僕自身も今までほとんど経験がないですし、研究者としてのロールモデルとなってくれそうな1学年上の先輩や同期も今は大学を出てしまっているので、基本的には一人である程度頑張んなきゃいけないようです。う〜ん、これではイバラの道だ。

しかし本格的ではないにしろ医局には研究志向のある人もいるので、その芽を摘むような結果にはなって欲しくないと思っています。先輩方から受けた恩は後輩に返してあげないといけないですしね。今度は研究者としてのロールモデルになれるよう頑張ってみますかね…。