個別表示

日本認知症学会と前橋まつり

日本認知症学会@前橋
認知症にかかわるようになったので最近はなるべく新しい知識を仕入れに学会に行くようにしています。先日も前橋で日本認知症学会があり、病棟業務を他のチームのメンバーに任せて行ってきました。前橋に行くのは初めてでしたが、アーケードのある商店街なんかは新潟市の中心部とそっくりでちょっとノスタルジックでした。
日程を間違って覚えていたせいで外来が閉められず、興味のある演題を全て聴けたわけではありませんでしたが、特に前頭側頭型認知症の病理についてはいろいろ新しいことが分かり面白かったです。最近運動ニューロン疾患を合併する例を経験し、後輩に症例報告をしてもらった事もあったので、自分以内でもすごく興味があるところだったんですね。

まぁそんな感じで学会自体は大満足に終わったんですが、困ったことがひとつありました。
まずこの学会の日がちょうど前橋まつりの最中で、行った日にちょうどだんべぇ踊りという催しがあったんですね。これは新潟における大民謡流しみたいなもの(って大抵の人は分からんか…)で、国道50号線を通行止めにして何百人も人が踊るというなかなか迫力のある催しです。で、帰ろうと思って気がついたのが、車を止めていた駐車場がこの国道50号線に面しており、まさにだんべえ踊りの真っ最中だったって事です。
だんべえ踊りだんべえ踊りに封鎖された愛車
えーと、この踊りはいつまで続くんですか?としばし途方にくれましたが、とりあえず近くにいたまつりの実行委員お兄ちゃんに相談する事にしました。すぐに何百人もいる踊りの列の中を道を空けてもらうことなんてできるわけもなく、踊りの休憩が入るまで2時間待てば出れるかもしれないとの事。仕方がないので近くのケンタッキーフライドチキンで時間をつぶす事にしました。
ところが、2時間後に再び駐車場に行ってまつりの実行委員の兄ちゃんに声をかけると「あと2時間たたないと出れません」との事。「ハァ?、さっき聞いたときは出れるって言う話だからわざわざ来たんだけど!」と文句を垂れましたが「警察がOKださないんで…」とか「上にも相談しましたがダメらしんですよ…」言うわけです。しかもそんな事言っている間に踊りの休憩時間は終了し、再びどうあがいても脱出不能になってしまいました。

一度出庫してしまったので駐車場会社に問い合わせ何とか手を打ってもらっていると、もう少し年配の実行委員が来てお詫びしくくれました。ただよくよく話を聞くと「本当は休憩時間に出すことはできなくもなかった」とかポロっと言っており、最初と2回目に対応した実行委員がうまく立ち回れていなかったようでした。まぁ自治会みたいな組織なんで質的にはそんなもんなんでしょうけど、損害賠償が発生するような事態だったらどうするんでしょうね。

結局4時間待って再出庫。家に帰ったのは夜中でした。はぁ〜疲れた。