個別表示

データ保管環境の刷新と久々のパソコン自作〜その2

前回に引き続きRAID5データ吹き飛び事件から立ち直るべく某週末に新しくパソコンを組みなおした顛末の続きを書いてみようと思います。
まず最初に従来のケースCM Stackerから既存のパーツをすべて取り払い、溜まった埃を拭きとった後CPUクーラーから移植を開始しました。もともと静音性を追求してOROCHI Rev.Bという馬鹿でかい製品を使っており、ネジ止めする場所を変えるだけでSocket AM3+でも使えるのでそのまま流用する事にしました。
OROCHI Rev.BとRS482M4-ILD
改めて見るとかなりの迫力です…。

机の上でもろもろインストール中
CPUクーラーの大きさ故ケース内に組み込んだ後でいろいろいじるのが面倒なので、ケースに入れないでCPU、メモリ、SSD、IDE-DVDドライブを接続し先にWindows7とドライバのインストールを行うことにしました。むき出しのまま運用するにはパーツ同士のショートや感電に気をつけて別途電源スイッチも用意しないといけませんでしたが、ケースに組み込んでしまうよりも各パーツの取り回しが楽で作業しやすかったです。トラブルもわずかで、最初に電源スイッチを押してもCPUクーラーがゆっくり回転するだけで起動しなかった事(結局CPU用電源ケーブルの挿し忘れだった)と、Windows7インストール後マザーボード付属のCDからNECのUSB3.0ドライバをインストールしてる最中に1度だけフリーズした事くらいでした。SSDは書き込みが遅い上に動作音がしないのでフリーズか?と疑ってしまう場面も数回ありましたが、順調にインストールを終えることができました。

ところが新しいパーツ群をケースに組み込んで、古いパソコンで使っていたハードディスクを繋いだ途端困ったトラブルが発生してしまいました。WindowsXPの入ったシステムドライブは認識されるものの、その他のSATA接続のハードディスク2台とSSDの1台、IDEのハードウェアRAID(Accusys ACS-7500)が認識されません。SATAケーブルや電源ケーブルを差し替えてみたり、裸族のお立ち台(製品情報)で新旧のマザーボードにハードディスクをつないでみたりしたところ、該当する記憶媒体は元マザーボードに直接接続した際にしか認識できないことがわかりました。この時点で原因はさっぱりわかりませんでしたが、いずれにしても元のマザーボードにつないだままで別の媒体にデータを吸い出すしかないようなので、先日RAID5のデータが飛んでしまったNAS(HDL4-G2.0)のハードディスクをバラしてデータ移行用に使うことにしました。新しいマザーボードやSSDは既にCM Stackerに組み込んでしまったので、今度は古いパソコンのパーツを机の上で組みなおして作業をすることにしました。
今度は机の上でデータ吸い出し中

しかしまたしてもここでトラブルに見舞われます。ハードディスクの差し替えの際に何回も差し替えを繰り返していたところ、突然BIOS起動中に「CMOS Checksum Bad」というメッセージが出てそこから先に進まなくなってしまいました。以前からCMOSのトラブルが頻回でボタン電池を交換しても日付が初期化されてしまうことは多々ありましたがこんなのは初めてです。ひとまずRS482M4-ILDの説明書を引っ張り出しジャンパピンをいじってCMOSクリアをしてみましたが改善せず、CPUを外してみたりメモリを抜き差ししてみましたが多少エラーメッセージに変化(CMOS Setting Wrongとか)はあるもののやはりキーボード操作を全く受け付けず改善はありませんでした。いよいよマザーボードが壊れてしまったのかも…と半ば諦めつつあった頃、「同じ状況でPS/2接続のキーボードなら認識することがある」という記載を発見しました。手持ちのUSB有線接続キーボードにPS/2変換コネクタをつけたりしてもダメなことは確認していましたが、重要データのサルベージを全部諦めてしまうのもなんだか悔しかったので、近所のヤマダ電機で980円のPS/2キーボードを買ってつないでみることにしました。するとキーボードの入力を受け付けてくれるじゃありませんか!。サクっとBIOSの再設定を行いデータ移行を完了できました。移行用のハードディスクを新しいパソコンに接続した時エクスプローラ上でドライブを認識できていませんでしたが、「コンピュータの管理」から「記憶域」をたぐって該当するハードディスクを「再アクティブ化」して認識出来るようになりました。あとは新パソコンで新しく組んだRAID1にデータを移行して完了です。長い旅路でした…。

という事で当初半日くらいで終わらせるつもりだったデータ移行計画はまったくもって予定をオーバーし、結局のべ1〜2日以上かかったことになります。古いマザーボードはもう使うのをやめた方が良さそうな感じでしたが、元のパーツ群は案外快適に動作するようなので、これが終わったらマザーボードを換えてサブマシンでも組み立ててみようかと思っております。