個別表示

古典的な家系ラーメンの洞くつ家

吉祥寺ラーメン屋巡りも大方のお店に行ってしまった感じがありますが、昔からあるのに行った事のないお店があるのに気が付きました。洞くつ家というそのラーメン屋は吉祥寺駅公園口近くの末広通り沿いにあり、以前ここで紹介した勘九郎の近くです。雑居ビルの1階にピンク色の看板があるんですが、一見するとオミズなお店に見えない事もありません。
そんでなぜ今まで行かなかったかというと、ここがいわゆる家系ラーメンだからなんですね。家系というと自分が大学生頃に流行ったトンコツしょうゆ系ラーメンになるんですが、超ギトギトの印象があり年とともに脂耐性が落ちてきた自分には辛いんじゃないかという気がしてたわけです。

ところが最近自転車通勤を始めたせいか、えらく御飯が美味しく脂も結構食べられるようになってきたんですね。吉祥寺のラーメン屋さんも一通り行きつくした感があったので、約10年ぶりに家系ラーメンに挑戦してみることにしました。
洞くつ家外観
メニューは基本が通常のラーメンとチャーシューメンの2択で、それぞれ大盛メニューがありトッピングの追加も可能です。入口の券売機でメニューを決めてカウンターのみの店内に入ると足元に脂っぽい感触が…こういうラーメン屋さんって最近あんまりないですね。個人的には全く問題ないんですが、清潔感を重視する人には厳しいですね。

洞くつ家のチャーシューメン
この日はお腹がすいていたのでチャーシューメンを注文し待つこと数分、濃厚コッテリ豚骨スープに太目の麺と巨大な海苔が入ったラーメンが来ました。昔食べた環七のなんでんかんでんのラーメンを思い出しつつ食べてみました。味は久々に食べる家系ラーメンのそれで予想通り猛烈濃かったですが、脂っぽさも程々に美味しく食べる事ができました。まぁ食べ終わった後かなりお腹いっぱいになったので、やはり空腹の時に行った方が良い気はしましたけどね。

食べてて思い出したんですが、そういや吉祥寺にはもう一つ家系ラーメンがありました。確か武蔵家というJRの高架下のお店で、床ギトギトだったようなイメージが…。自転車通勤しているうちに、家系ラーメンを巡ってしまおうかと考え中です。