個別表示

元祖担々麺屋、蒼龍唐玉堂の坦々麺は結構美味しかった

紅虎餃子房ってお店が大学生の頃流行ってましたが、その昔系列店の坦々麺専門店が井の頭通り沿いにあり、これが結構美味しくて何回かリピートしておりました。自分的には流行るんじゃないかと思っていたんですが、立地が悪いのか一般ウケが悪かったせいか、すぐ潰れてしまいました。
その後美味しい坦々麺に巡り会うことなく過ごしていたわけですが、いつの間にか吉祥寺に坦々麺専門店がオープンしていました。場所はロフトの横の細い通りでちょうど東急側から入ったあたりにあります。名前は蒼龍唐玉堂(そうりゅうとうぎょくどう)といい、公式サイトはこちらです。よく知らなかったんですが、際コーポレーションという飲食店業界では結構やり手の会社が経営しているお店のようです。
蒼龍唐玉堂吉祥寺店外観

お店はテーブルとカウンター席があり結構広いですが、行った時間帯がお昼を大きく過ぎていたせいかお店には自分以外に一人しかお客さんがいませんでした。早速カウンターに座りメニューを見ると黒胡麻担々麺、白胡麻担々麺、紅担々麺、赤西紅柿担々麺、超無頼担々麺、汁無担々麺と全て坦々麺です(当たり前)。一見して味を想像するのが難しい名前ばっかりで、一応書いてある解説も具体的にはさっぱり分らないんで、適当に黒胡麻坦々麺を注文してみました。
蒼龍唐玉堂のメニュー黒胡麻坦々麺
待つ事5分程度でその黒胡麻坦々麺はやってきました。スープの味はまさに黒胡麻たっぷりの坦々麺という感じでしたが、特徴的なのはスパイスがガンガンに効いていた点です。特に花山椒が猛烈に効いていたせいか、食べているうちに口の中が痺れたような感じになってしまいました。味的には昔吉祥寺で食べた紅虎餃子房の系列店を思い出す感じでしたね。スパイスが効きまくってはいますが、味のバランスが悪いわけではなく旨味も十分にあるので、リピートしたくなる味でした。

という事でしばらく通って他の坦々麺も食べてみようと思っております。