個別表示

佐藤浩一のボケぶりが最高!〜マジックアワー

マジックアワー公式サイト画像
三谷幸喜の最新作「ザマジックアワー」が公開されたので早速見に行ってきました。概要についてはフジ系列のテレビ番組で散々プロモーションしているので公式サイトを参照してくださいな。

若干のネタバレ覚悟でお話の導入部分を書いていくと、今回は古めかしい港町「守加護(すかご)」が舞台で、妻夫木聡演じる備後登が町を牛耳るボス(西田敏行演じる天塩幸之助)の愛人(深津絵里演じる高千穂マリ)に手を出したことのチャラにするため、伝説の殺し屋デラ富樫を連れてこなくてはならなくなってしまう所から始まります。デラ富樫なんて全く知らない備後は、売れない俳優の佐藤浩一演じる村田大樹に、映画の撮影を偽ってデラ富樫に成りすましてもらうという離れ業を思いついてしまいます。この時点でハラハラしてしまっている人は、すっかり三谷幸喜ワールドにはまっているわけです。

このデラ富樫を演じる村田大樹(佐藤浩一)が物凄いボケキャラで、どう考えても備後の企みがバレそうなのに、無自覚なアドリブで何とか乗り切って行ってしまいます。この展開がかなり荒唐無稽なので観客的には「そりゃありえねー」と思うところばっかりですが、笑い所が随所にちりばめられていたりちょい役で名のある人が出ていたりと、話を追っているうちに突っ込みを忘れてしまいます。また先が全く読めないので、展開を受け入れられれば全く飽きずに見ることができます。
前作のTHE有頂天ホテルと比べると同時進行的な登場人物間のからみはないので緻密さを感じることはないですが、逆に主人公が明確なので1回見ればストーリーを理解することができます(というか伏線というほどの仕込みはあんまりないです)。

相変わらずクサ目の演技が多い(特に佐藤浩一とか)作品なので好き嫌いは分かれそうですが、三谷幸喜が好きなら間違いなく楽しめる作品だと思います。結構派手なドンパチシーンもあり、意外に劇場で見たほうが楽しいかもしれません。お勧めの作品です。