個別表示

モテたい理由とは?!

モテたい理由
なんとも新書的でないタイトルの本なんですが、これが意外や意外!結構面白かったのでご紹介したいと思います。ちなみにこの著者の赤坂真理さんというヒトを僕は全く知らなかったんですが、小説家の方で結構有名なんだそうで、無知とは恐ろしいもんだと思った次第。

最後まで読み終わってから振り返ると言いたい事はあまり沢山ではなく、「男は一点集中で女はマルチタスク」「社会は流動性を増し男性よりも女性向けにシフトしている」という男女差と社会の変化を根拠に、若い女性向けの雑誌に広がる「女性は他者(特に女性)との関係性に価値を見出す」「女性はのキレイさの追及は男性不在」という概念について繰り返し書いています。
言われて改めて妻の買ってくる「cancam」(公式サイト)を見直すと確かにそう言うふうに書かれているんですね。つまりモテという言葉の意味は、実際に男にモテかどうかではなく、むしろモテと名付けられた特定の価値観とかスタイルを示しているんだって事みたいです。
作者が書いているように特に雑誌メディアがその傾向が強い印象ですね。まぁこれは男性向け雑誌(本文中の例えでいけばホットドッグプレス)が、女の子視点から遠く離れたモテを追及しているのに似ていますね。「男性は他者との関係性よりもモノに価値を見出し易い」けど「男性にとってのモテは、やっぱり女性不在」ってさっき書いた事とちょうど対応します。
若干極端に感じる部分もありますが、男の自分がcancamを読んで感じた違和感を明文化してくれたという点でちょっと感動しました。

もちろん実際の女性達はそんなメディアの語るステレオタイプの人ばかりではないし、特に僕のいる業界にいる理系女子はこの本で言うところの男性的な人も結構多い気がするんで、自分的には単純にメディア批判の本だと信じています。ただ、僕が知らないだけで世の中にはそういった人達が増えているのかもしれないし、社会が流動性を増すと男性は対応しにくくなるなんてくだりはなんだか空恐ろしくなってしまいました。

文章自体は散文的でテーマからの逸脱は多いし、最終章は付け足し的な自己開示が入っているし、主張を論理的に語る文体ではありません。ただエッセイ的な分だけ、その主張のリアリティ(というか生々しさ)みたいなものが感じられました。そう言う意味でも結構楽しめる本でしたね。