個別表示

TungstenCのバッテリーが死にそう

長い間愛用していたTungstenCのバッテリが最近持たなくなってきており、予定表などを確認するくらいなら良いんですが、外付けキーボードを使ったテキスト入力などになると数十分で充電警告が出てしまいます。そもそも去年の秋頃に良品交換をしたあとから症状が出始め、買ってきた代替バッテリはなぜかサイズがあわず、問題を放置してきたわけです。BatteryGraphというアプリケーションで放電状況を見ると、満充電になったと思っても最大40%くらいにしかならないみたいなんですね。
battrygraphで見る放電状況
再度良品交換や代替バッテリの購入も検討したんですが、正直投資に見合うだけのメリットがあるかというとちょっと疑問です。TungstenCは良い機体ではありますが、発売から5年ほど経っておりいかんせん古いんですし、周辺機器の入手困難性なども考えると、そろそろ新機種に乗り換えた方が良いのではないかと思い始めてきました。
代替機として我が家にはLifedriveがありますが、コンパクフトフラッシュ化したとはいえキーボードがないところや大きさから言ってメイン機に昇格させるのはやや困難なところもあります。

palm Centro
という事でPalm Centro(GSM版)を検討中です。円高の影響もあってexpansysでかなり安く入手できそうなので、今のうちに検討してみようかと思っております。