個別表示

ハモニカ横丁でイタリア料理を食べる。

ハモニカ横丁を通るたびに場違いなおしゃれ感を放つイタリア料理店が気になって仕方がなかったのですが、先日ようやく行く事ができました。そのお店はTrattoria Piatto Frescoという名前でハモニカ横丁の東の果て、仲見世通りをちょうど真ん中あたりでカフェモスクワの向かいにあります。おしゃれなお店ですが意外にも公式サイトはないので、お店のメニューや詳しい場所などは食べログの該当記事を参照のこと。

Trattoria Piatto Fresco外観
猥雑なハモニカ横丁の中に突然白亜の建物があり異彩を放っているので、あんまり詳しい位置を調べなくてもすぐ見つけることができます。1階はガラス戸で仕切られた厨房+カウンター席になっていて、横の階段を登ると2階がテーブル席という構造になっています。今回は妻と2人で行ったところ、2階席に案内されました。ハモニカ横丁感のある外から丸見えの1階に比べると2階は広くて落ち着いた雰囲気で、某週末の夕暮れ時にもかかわらず入店時はサラリーマンの1人客しかいなかった事もあり、かなりゆったり食事を楽しむことができました。
料理は普通にイタリア料理で、お店の規模から考えると意外にたくさんのパスタとリゾット、カルネにペッシェ、ドルチェまで選ぶ事ができます。ただ一皿一皿はわりと小盛気味なので、お腹を膨らましたい人向けにちょっとしたコースも選べるようになっています。またお酒の種類は多くないもののワインをグラス単位で頼むことができ、気軽にちょこちょこ楽しむことができます。お店の立地や規模からもうちょっとダイニングバー的な感じを想像していましたが、案外レストラン寄りなメニュー構成だったので、あまりお酒を飲まない我々にとってはなかなかありがたい感じでした。
なおお値段は額面だけ見るとそれほど高くないですが、いかんせん量が少なめなので割高感があります。なので激しく空腹な時は他で少しお腹を膨らませてから行った方が良いかもしれません。

Trattoria Piatto Frescoで食べる料理
味付けはコクのある素材が多く旨み強めな印象で、ああ確かにこれなら小盛気味な方が楽しめるかもなぁという感じでした。塩っぱさがきつくないわりにワインにも良く合う味わいなので、酒飲みに自分的にもしっかり食事をしたい妻にもなかなか好評でした。

そんなわけで久しぶりに当たりな感じでした。しっかり食事ができてお酒もなかなか飲めるお店はあまり多く無いので重宝しそうです。
ただ今回はお客さんがあまりいなかったのが少し気になりました。1階のこじんまりした厨房に数人のスタッフしかいないのでむしろこれくらいお客さんの方がサーブも滞らなくて良いのかもしれませんが、経営的に大丈夫なのかがちょっと心配になります。味的には好みなので今後も通うんで長く続いてくれると良いなぁと思ったりしました。