個別表示

食べ歩き史上最悪の日。

今までいろんなお店で外食をしてきましたが、過去にないくらい酷い思いをしたのでそのことを書き連ねてみようと思います。
とある日の夕方夕食を食べるために妻と二人で近所のしゃぶしゃぶやさんに出かけたんですが、そこが満席1時間待ちという事で、前から気になっていた和食屋さんに向かいました。以前掲載した西武池袋線大泉学園駅の近くのエノテカリオーネというお店の隣にそのお店はあり、「鮮魚まるふく」といいます。

鮮魚まるふく外見
まず入店時、お客さんが多いせいかなかなか店員さんが来ません。仕方なく奥にいる女の子に声をかけると、「片づけが済むまでお席は空きません」との事。確かにテーブルもカウンターもまだお皿が残っている空き席があります…ってそんなの見りゃ分かるわけで、「片付け終わるまでしばらくかかるのでお待ちいただけますか?」とか言った方が良いんじゃないかなぁと思いました。それに「いらっしゃいませ」とか言ってくれていないし・・・。結局別の店員さんが出てきて対応してくれて席につけましたが、既に嫌なムードが漂っていました。

とりあえずビールを注文し、最初にお通しのえびの掻き揚げが出てきました。しかしこれが美味しくなかったんです。温かくないのは別にかまわないんですが、揚げてから随分時間が経っている様で脂が劣化し身の部分が崩壊していました(隣の人は一口食べて残していました)。仕方がないので他の料理を注文しようとしたんですが、サラダ全て品切れとの事。他の料理って言うと漬物、秋限定鍋メニュー、魚及び貝の焼き物か刺身料理くらいしかありません。妻とさんざん悩み、ナスの漬物とハタハタの塩焼き、鯖の塩焼き、刺身の盛り合わせを注文しました。

焼き物いろいろ
その後次々に料理が運ばれてきたんですが、これがどれもこれも美味しくないんですよ。まずハタハタと鯖の塩焼きですが、これが全く問題外でした。ハタハタの塩焼きはまず可食部分があまりにも少なく、そして美味しくないのにガックリきました。次に食べる部分の多そうな鯖へ行ったんですが、今度は臭みが強過ぎてビックリしました。自分で塩焼きしてもここまでは臭うことはないというくらい臭く、大根おろしを併食しながら何とか完食しました。ちなみにナスの漬物はしょっぱ過ぎて二人とも一切れ以上手を着けられませんでした。
次に刺身の盛り合わせが出てきました。これ、マグロは美味しかったですが後が酷かったです(そんなマグロも妙に厚切りでぼそぼその切り口でしたけどね)。イカは加熱済みなんじゃないかと思うくらいグニグニした歯ごたえで、最後まで食べられませんでした。アジは中途半端に〆られており妙に硬いわりに旨味が出ておらず、タイも厚切りすぎてうまさ半減でした。

そんなゲンナリした僕らの周りでもいろいろ勃発しており、右隣の僕らよりも後に入ってきた若い男性客グループは店員さん(=最初に接客してくれたおねえちゃん)と話をしている間に怒って帰ってしまいました。そうこうしていると左隣の中年の女性客グループは、限定メニューの鍋(紙鍋を固形燃料で温めるタイプ)が全く火が通らないうちに固形燃料がなくなってしまい困ってました。この限定メニュー自分たちで試食してるんでしょうか…。

ローソンお惣菜で飲みなおし
自分の惨めさと周囲の惨状を見ていて僕らは追加注文する気が起きず、お店を出てすぐ向かいにあるローソンでつまみを買って家で晩酌しなおしました。

家帰ってからWebで調べてみると、魚屋さんが経営の安くて美味しいという評判のお店だったようですが、今日の印象からは安いけどかなりまずいお店という感じです。Webに掲載されている刺身の写真を見ると角の尖り方が全く違うので厨房に異常が発生している可能性が大です。いずれにせよもう二度と行く気はしませんけどね。本当に酷い思いをしました。