個別表示

携帯マグで朝ごはん

最近の朝ごはんは、買いだめしたベーグルを朝加熱してカッテージチーズを塗り、通勤中に車内で食べることがほとんどです。家を出るまでは結構ばたばたしてますが、朝早いこともあって車での通勤自体は比較的のんびりできます。ボサノバなんか聴きながらのんびり車を転がすわけですが、そんな優雅な朝にはやっぱり美味しい飲み物が欲しいと思うわけです。今まではペットボトルの紅茶なんかだったんですが、味的には家でいれたお茶にかなうものはありません。
ここで一悩みして思いついたのが、家でいれたお茶を保温マグに入れて持って行くというプランです。ちょうど良い容器をハンズで物色していますと、あるじゃないですがちょうど良いマグ達が。幾つかあった中で選んだのはサーモスの携帯マグ(製品情報はこちら)を買ってみました。ポイントは車の内装に似合ったアルミ調の外見と、洗い易い構造です。

携帯マグin206cc
携帯マグの中蓋
使ってみて意外にすごいと思ったのは、中蓋があることで外蓋が開いていても保温時間がかなり長い事です。というのも運転しながら飲む都合上頻回に外蓋の開け閉めをすることができず、結局開けっ放しにしている事が多くなります。すると通勤中オープンにする事が多い我が愛車(PEUGEOT206cc)の場合、マグ内の温度が失われる事が心配になるわけです。このマグの場合、通勤中に外蓋を開けっ放しにしていても、通勤にかかる約1時間は温度の変化をほとんど感じませんでした。これはまさに想定外、大変気に入りました。

美味しい紅茶は飲めるし地球に優しいし、携帯マグってのも良いかも知れません。