個別表示

新書バブルと読書生活

新書の新発売が相次ぎブームの様相を呈してから随分経ったみたいですが、新しく発売された新書シリーズにはあまり惹かれるものが見当たりません。結局講談社新書とブルーバックスシリーズばかり読んでいる日々です。
自分的には、特に実用性のある知識が手軽に手に入るという点を重視しているんで、読み物系の岩波新書とかよりは講談社新書やブルーバックスシリーズを選ぶことが多いんですね。この条件だと最近刊行されたアスキー新書なども当てはまるんですが、立ち読みしてみても煽りが多い割に内容が薄くて、どうも買う気が起こらないんですね。まぁ講談社新書でも最近は内容の薄いものや煽りばかりあるものもあるので、かなり先入観があるのかもしれませんけどね。

まぁそれだけに気に入って読んでいる新書ですが、昔から改善して欲しい所があります。それは文庫サイズと比べて新書サイズは若干取りまわしが悪い事です。というのも外出時にポケットに入れて持ち歩くには若干大きく、不便でならないんですね。結局カバンに入れてしまうため、電車などでは座らないと落ち着いて読むことができません。欲を言えばTungstenCでも読めるように電子化媒体でも発売して欲しいですね。ちゃんとお金出しますから>出版業界の皆様。