個別表示

ジョギングに骨導ヘッドホンは最適解か?

運動不足がたたって随分体脂肪率が増えてしまったんで、最近ジョギングを思い立ちました。そこでふと気がついたのが、ランニングに必要なジャージや運動靴なんかを全く持っていなかった事です。大学時代はスキーと柔道ばかりしていたので、走りこみは主に大学構内のみで、柔道着に運動靴でする事が多かったわけです。柔道着は今でも持っているんですが、近所をジョギングするのに柔道着じゃちょっと怖いので、ジャージ上下と運動靴を新調する事にしました。

せっかく走るんなら音楽でも聴きながら走ろうかと、まずLifedrive+BT620sで音楽を聴きながら走ってみました。しかしLifedriveが重いため上下に震動しすぎて走りに全く集中できませんでした。他の携帯型音楽プレイヤーと言うと我が家にはW44Tくらいしかないので、MP3→WAV変換したファイルをLISMOで取り込んでみました。デフォルトだとビットレートが64kbpsでかなり音が悪くまた内蔵メモリも900Mb近く空いていたので、Webの情報を参考にiniファイルをいじって128kbpsに高音質化して使ってみました。W44TでBT620sは使えないので、付属のbluetoothレシーバー+ポケットイヤホンを使ってみましたが、イヤホンだと外からの音が入りにくく、ジョギングするには危険な印象でした。

そんなわけで音楽聴きながら走るのは難しいかなと半ばあきらめていたのがついこの間までの話です。しかし外からの音がある程度聞こえるヘッドホンないかなと新潟のヨドバシカメラを彷徨っていた所、面白い製品を発見しました。「AUDIO BONE」という骨導タイプのヘッドホンです(公式サイト)。見た目はいわゆるネックバンドタイプのヘッドホンなんですが、ちょうどこめかみ部分にスピーカー部分を当てて使うわけです。良いなと思った点は、まず比較的しっかり頭に密着するのでジョギング時にもズレなさそうな点です。また骨導メインのため原理的には外の音もしっかり聞こえるわけです。15000円と値段が高いのが難点ですが、自分の想定している用途にはまさにぴったりなわけです。さて如何したものか…。