個別表示

ATT出向

3月からAdvanced Triage Team、略してATTと呼ばれる救急外来システムに参加することになります。これはどういったシステムかといいますと、各科から出向した医師が内科救急外来をチームで担当するシステムです。出向自体は僕の場合2ヶ月ですが、科によっては1年間出向している人もいるようです。
そもそもこのシステムが稼働する以前は、各内科輪番で日替わりに救急外来をまわしていたんですね。ところが当直に入れる人数の関係から日常業務と救急外来業務の板挟みになることが多く、状況によってはクオリティが著しく低下することがあったため、新しくATTというシステムが考案されたわけというです。

ATTが稼働し始めて1年はATTからの入院患者のコンサルトを受ける側だったわけですが、今度はコンサルトする側に回るわけです。病院の思惑として、臨床研修募集時の目玉を想定しているようなので、さぞかし教育的なんでしょう。どんなものか体験してみようと思っています。