個別表示

Windows7の新機能はマウスレス派にとって結構画期的だった

新VAIO Pで初めてWindows7を導入し、WindowsXPから微妙に変わったインターフェイスと格闘する日々でしたが、ようやく慣れてきました。新型VAIO Pではどうしてももっさり動作になってしまうのが残念ですが、Windowsキーを使った新機能、特にクイック検索とAeroSnapはかなり気に入ったので今回書き留めてみようと思います。

まず最初は最も気に入っている「クイック検索」について書きます。これはWindowsキーを押した後に文字入力をすると、該当するアプリケーションを起動したりファイルを検索できるという機能です。実はWindows Vistaの時代からあった機能のようですが、VistaをスルーしてWindows7を導入した僕は全く知らず、また名称が微妙に異なるのでいまだに何て呼んでいいのかよく分かりません(詳細はMYCOMの記事参照)。
それはさておきこの機能、可能な限りマウスを使いたくない派にとってはかなりうれしい進化です。かつてキーボードだけでアプリケーションを起動させたい場合、CtrlやShift+ハードキーでショートカット登録しておくか、スタートボタンから十字キーとアプリケーションの頭文字(英語アプリケーション名のみ)を使って起動するかでしたが、それがクイック検索機能だとWindowsキーを押した後にキーワードを入れれば日本語のアプリだろうがファイルだろうが一発で起動できるわけです。
OS標準のファイル検索機能はWindows XP時代からあったんですが、検索開始ボタンを押してから目的のファイルが出てくるまで数十秒はかかるので、全然使い物になりませんでした。それに比べてWindows7のクイック検索は文字通り一瞬で検索結果が出てくるので、ファイルが増えすぎてフォルダ階層が深くなってきてもいちいちフォルダ階層を下っていくことなくキーワード入力だけで即座にファイル編集が始められるわけです。文章だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、マウスレス派にとってこれはかなり画期的なんですよね。
ただ高速検索と引換に、インデックス作成に時間とCPU負荷がかなりかかるようになってしまいます。そのままだらだらインデックス作成をしていると普段の文書作成など支障が出るので、コントロールパネルのインデックスのオプションから検索対象フォルダを最小限に限定するようにしています。あとは作業のない夜に一気にインデックスを作成するようにすれば、おおよそストレスなく運用できます。

で、二つ目のお気に入り機能「AeroSnap」について書きます。これは各アプリケーションウィンドウを選択後、Windowsキーと十字キーを同時に押すとディスプレイをちょうど2分割するようにウィンドウを並べたり、最大化したりできる機能です。一見大したことがないようにも思えますが、VAIO Pの横長変態解像度を利用してPDFファイルとエディタを横に並べて仕事する事が多いので、僕にとってこのユーティリティーはまさに痒いところに手が届く機能になります。ウィンドウの端とディスプレイの端を合わせるためマウスでプルプルしながらドラッグする必要がなくなったのはすごくありがたいです。

さてこのAeroSnapですが、一度その便利さを知ってしまうとWindows XPパソコンでも使いたいなぁ〜なんて思うのが人情です。そう思ってWeb検索をしてみると同じことを考えてる人はいるもので、窓の杜の記事に、サードパーティ製の「AeroSnap」というアプリケーションでAeroSnap機能をWindows XPに追加できる(ややこしい…)との事です。これは入れねばなるまい!と早速職場や家のWindows XPにインストールしてみました。起動するとタスクトレイに常駐し、操作はAeroSnapと全く一緒でWindowsキーと方向キーの併用でウィンドウを端っこに寄せられるようになります。スタートアップに登録しておくと起動時から使えるので便利ですが、自分の環境だと時々エラーを吐いて落ちてしまったり、ウィンドウのサイズが意図した大きさになってくれないこともあるようです。そんなわけでまだ未完成(そして多分開発は終了しているっぽい)ですが、すっかり気に入って自宅や職場のXP機全部に入れてしまいました。
こうなると欲が出てくるようで、クイック検索もWindows XPでできないかなぁと思い立ってしまいました。いろいろ調べてみたところ、結果表示にブラウザを併用する場合もあるもののGoogle Desktopでかなり近いことができることが判明しました。操作的にもWindowsキーがCtrlキー2回押しに変わっているくらいで、あとはクイック起動とほぼ同じでしたね。やっぱりインデックス作成にCPU負荷と時間がかかるわけですが、検索対象を制限することで同等の使い勝手を実現できるので十分満足でした。

…って結局Windows XPでもほぼ同等の便利機能が使えるんですね。Windows7って意外にすごいね!と思って書き始めた文章でしたが、やっぱりXPを超える優位性をなかなか見出せないのが泣けます。