個別表示

VAIO Pの外部ディスプレイ出力の調子が悪い

出先で学会のスライドを作ったり論文を書いたりと大活躍中のVAIO Pですが、ついにトラブルが発生してしまいました。今回具合が悪くなっているのは本体ではなく、ACアダプタに連結して持ち歩けるコイツ↓です。
ACアダプタと合体したVGA-DA10
一見するとやたら長いACアダプタにしか見えませんが、真ん中のところで分離して外部ディスプレイ出力端子と有線LAN端子のついたVGP-DA10(製品情報)という周辺機器になります。まぁ昔で言うところのポートリプリケータのようなヤツですね。ひっくり返すと裏側にVAIO Pと接続する特殊端子のケーブルが収納されてます。
ACアダプタと分離したVGA-DA10
ACアダプタと一緒にスマートに携行できるから便利だよ!ってウリの製品ですが、VAIO Pを買うようなガジェットオタ層を狙った合体ギミックおもちゃのような気もしたりしなかったり…。

VGA-DA10とDisplayDockで出力した画像の違い
で、これを某病院の液晶モニタ(医療画像システム端末用の余り)につないでずっと使っていたんですが、最近出力される画像が青みがかるようになってきました。いろいろいじってみると、VAIO Pと接続しているケーブルの向きによって断線したり色が正常化したりすることが分かりました。週に何回もケーブルを抜き差しする耐久テスト的運用をしてたので、多分中で物理的に断線してしまったんでしょう…でも買って半年も経っていないうちに壊れるんじゃ困るんですけどね。

とりあえずソニーのサポートを経由して修理しようと思っています。公式サイトの修理のご相談というページを見ると、保証書を片手にフリーダイヤルへお電話しなされとのこと。ふむふむ、平日の昼で時間のあるときに問い合わせてみるか…どうせ送って修理になるんだろうなー。一応DisplayDock(USB-DD1:製品情報)というUSB経由で液晶モニタに出力する装置も持っているので仕事は何とかなるんですが、USB経由だとCPU負荷が高いのでグラフィックボードが貧弱なVAIO Pだと重いんですよね。早く治ってくれると良いなぁ…むー。