個別表示

黄金の塩らぁめんが新装開店しまくってた模様

去年の夏あたりに「黄金の塩らぁめんAyumi」というお店が吉祥寺のプチロード(ロフトと旧伊勢丹前の通りを結ぶ細い道)に開店したんですが、一年もたたないうちに閉店してしまいました。鶏系の旨味の濃いラーメンでそんなに悪い味ではなかったんですが、やはり麺が柔らかすぎたんでしょうか?。諸行無常を感じます。
んで久しぶりにプチロードを歩いていたところ、そのラーメン屋さんが新装開店しているのに気がつきました。ぱっと見は黄金の塩らぁめんAyumiとほとんど変わっておらず看板によるとウリは同じく「塩らぁ麺」のようです。店名は「らぁめんLemon & Fromage(エル&エフ)」とちゃんと変わってましたが、リニューアルしただけなのかもしれません。気になったので後でWebで調べてみたところ、もともとのAyumiをプロデュースしてた石塚和生氏が一時抜けて「郎」というお店が数ヶ月だけ入り、その後に「らぁめんLemon and Fromage」ができたようです。何だか不安定なお店だけど、大丈夫なのかなぁ。

らぁめんLemon & Fromageの外見
まぁ食べてみない事には評価ができないので、某平日の夜に行ってきました。お店の構造はかつてのお店と一緒で、入口の券売機でラーメンを選んでやたら背の高い椅子のあるカウンターか奥のテーブル席で食べるスタイルです。メニューは塩らぁ麺と醤油らぁ麺の他に、らぁ麺フロマージュ(チーズ入りラーメン)と、やはりイロモノメニューも取り揃えています。やっぱりリニューアルなんだろうなと思いつつ、比べるならやっぱり同じメニューで比較しなきゃね!と言う事で塩らぁ麺を頼んでみました…しかし「らぁめん」なのか「らぁ麺」なのかどっちかにして欲しいなぁ。

リニューアル塩らぁ麺
調理場でピピっとタイマーが鳴る音がして見た目には以前の塩らぁ麺とあんまり変わらないラーメンが運ばれてきましたが、味は結構変わっていました。以前はほぼ鶏のみの上品な風味…別の言い方をすればパンチの弱い印象でしたが、今回は刻みネギと揚げネギも入ったせいで雑味が増えて万人ウケしそうな印象になっていました。麺の硬さも前の柔らかすぎる感じとはうって変わってちょうどいい感じになり、元々あった麺の旨さを楽しめるようになりました。実は前日の忘年会で消化管がボロボロの時に食べたんですが、油が浮いてるにもかかわらずさっぱりした感じにまとまっており、食べに行って良かったという味わいでした。

という事で吉祥寺塩ラーメンローテーションに加わることは間違いないんですが、あとはこのままお店が続いてくれるかどうかだけが心配です…。