個別表示

宝華へ行ってみた。

以前中央線沿いに住んでいたときに行ったわりと有名なラーメン店の紹介を忘れていたので、今頃掲載します。名前は宝華(公式サイト)で、東小金井駅の南口にあります。外見は良くある中華系大衆食堂ですが、昼夕を問わず結構行列しています。メニューには炒飯や餃子などもありいかにも中華食堂な感じですが、特に人気なのが「宝そば」です。そんなわけで夫婦で宝そばを食べた感想でも書いてみようかと思います。

宝華外観
たまたま行った日は雨だったんですが、相変わらず行列してました。注文を先に決めたりしながらお店の前で待つこと約15分程度で、店内に入れました。お店は結構広く家族連れも多いせいかテーブル席が結構沢山ありました。それで早速注文したのが宝そばです。
宝華の宝そば
この宝華の「宝そば」はいわゆる油そばで、比較的油の濃いつけ汁が麺に絡んでいる状態で出てきました。感覚としてはオイルソースのパスタ(いわゆるペペロンチーノとか)みたいな感じでした。で味はどうかといいますと、うまいです。濃い味のつけ汁が麺に絡んで、いわゆるラーメンよりも旨味を感じられました。おそらくかなり油っぽいはずなんですが、味的にはむしろサッパリとした印象でした(カロリー的には結構心配)。その辺が他のお店の油そばとは違う感じでした。
蛇足ですが、僕は上京して間もない頃こういうラーメンを「つけ麺」だと思っており、東京のつけ麺は初めから麺とスープが同じ器に入っているんだねぇなどと感心してました。しかし大学の部活の先輩にこれは「つけ麺」ではなく、「油そば」であると教えてもらい、ようやく油そばの存在を知ったわけです。吉祥寺の某ラーメン屋さんで初めて油そばを食べた時あんまり美味しくなかったので、その後足が遠退いていました。しかしここで食べた油そばは一味も二味も違いました。

油そばを食べたことない人や、食べたけどどうもイマイチだった人は行く価値ありのお店でした。