個別表示

街頭無線LANサービス

仕事で新幹線を利用する事が多くなり、駅での時間潰しに街頭無線LANを使ってみました。使っているサービスはワイヤレスゲート(公式サイト)というローミングサービスで、Yahoo!BB(公式サイト)やモバイルポイント(公式サイト)などのキャリアを跨いで一定の料金で使えるというものです。ちょうど一ヶ月で数回は無料で利用できるキャンペーンを組んでいたので、まぁ上手く繋がらなくても良いかなと思ってやってみたわけです。

手順としては、まず携帯電話でワイヤレスゲートのサイトに接続し近くのアクセスポイントを検索します。我が家のW31S(au)の場合、GPS機能を使って現在位置から一番近くアクセスポイントを検索してくれます。特に東京駅は狭い中に沢山のアクセスポイントがあるのでどれが最寄りか判りにくいですが、とりあえずビュウプラザにあるモバイルポイントのアクセスポイント(言いにくい…)を選びました。携帯サイトにWEPキーが掲載されているので、それをTungstenCのWifi設定に入力します。これでまずアクセスポイントとの接続が完了します。
WiFi-Setup画面
ワイヤレスゲートのアクセスポイントに接続完了
この後がちょっと面倒で、パソコンであれば自動的に表示されるトップページからログイン作業が必要になりますが、TungstenCの場合はブラウザによってはそのトップページが表示されない事があります。常用しているブラウザのXiinoはダメでしたが、TungstenC標準のブラウザであるWebは大丈夫でした。
Webでワイヤレスゲートにログイン
ちなみにOpera miniはまだ試していません。僕はXiinoの操作感覚が結構好きなので、login DAというDAアプリを使ってログイン作業を行なっております。
login DA

これでようやくWWW閲覧なんかができるようになります。DNS等細かい設定は一切無しで、同じアクセスポイントを定期的に使うのであればWEPキーも変更しなくて良いので、慣れると案外お手軽です。
ただし我がTungstenCは電波感度が悪いせいか、ちょくちょ接続が途切れます。W31Sのjigブラウザよりも高速なのでWebの閲覧にはもってこいなんですが、いかんせん接続が安定せず、なかなか上手くいきませんでした。もう少し研究してしてみる必要がありそうですね。