個別表示

新潟で見つけた煮干背脂系醤油ラーメンを職場のローソンで見つけた

うちの大学病院にはローソンが入っています。日々の食事のほとんどはここで購入しているんですが、いかんせん飽きてきます。だいたい毎日のランチはローソン弁当ですし、下手をすると夕食もローソン弁当です。最近はいわゆる弁当だけでローテーションを組むのは困難になってきたので、カップラーメンを組みあわせて凌いでます。
そんな中で見つけたのがこのカップラーメンです。名付けて「新潟で見つけた 煮干背脂系醤油ラーメン」。エースコックが発売している企画物です。
カップめん外観お湯を入れて3分後

自分の記憶では、そもそも新潟という土地はそんなにラーメンが美味しい所ではなかった気がしますが、ここ何年かで煮干とんこつ味が「新潟風」になったようで、あちこちで新潟風ラーメンが販売されているようです。Webで情報を集めてみると、この「新潟で見つけた 煮干背脂系醤油ラーメン」は新潟県燕市あたりのラーメンがモデルのようで、やっぱり煮干とんこつ味でした。
それで食べた感想です。スープは表記のとおりわりと脂コッテリとんこつですが、確かに煮干し出汁なので案外スッキリしていました。麺は縮れで味が絡んで結構美味しかったです。特に目新しい感じはしなかったですが、東京風こってりとんこつに食べ飽きた自分には悪くない印象でした。煮干し系スープだと、調布にある「たけちゃんラーメン」で煮干しラーメンを作っていますが、そこよりも煮干しが目立ちすぎず食べやすかったです。

ラーメンを食べながらよくよく考えてみると、確かに他の地方に比べて新潟は煮干出汁をよく使う印象はありますね。自分が自炊で多用していたのは煮干し出汁でしたし、実家で母が作っていた味噌汁も煮干し出汁でした。意外なところで新潟を再発見したような気がしました。