個別表示

内科認定医

ようやく内科認定医の申し込みが完了しました。そもそも内科認定医というのはどういう仕組みかといいますと、日本内科学会(公式サイト)という団体が認定している資格で、もう少し専門的な専門医(これも各学会が認定)を取得するのに必要なものです。多くの場合、専門医試験を受けるためには内科認定医取得後数年が必要なので、専門医を取得したい人はなるべく早めに取っておいたほうがいい資格でもあります。
本当は2年位前に取得可能だったんですが、すっかりサボっててようやく今年申請をするにいたりました。必要なものは、指定された疾患の受け持ち症例病歴(レポート)が20数例分です。この症例をまとめるのが億劫で、遅れてたわけです。今年こそは!と意気込んで、ファイルメーカーで作ってある入院サマリー(入院患者さんの経過を簡単にまとめた書類)を内科認定医用の書式に変換するスクリプトを組んだりして用意は万全のはずでした。

あとは前述のとおりなんですが、直前になって風邪をひいて寝込んでしまったんで、すっかり時間が不足してしまいました。最後の数日はかなり追い込んだんですが、病み上がりで徹夜する根性もなく、結局締め切り当日に上司の先生にかなり手伝ってもらって、期限5分前に何とか提出できました。何とも情けない限りです。

専門医を取得するときはもう少し体調管理もしっかりしたいものです。