個別表示

東京奇譚集

村上春樹の新作、「東京奇譚集」が発売されました。早速購入して外勤先へ向かう新幹線の中で一気に読了。感想でも書いてみようかと思います。

奇譚集の名前の通り、奇妙な出来事を共通にする「偶然の旅人」「ハナレイ・ベイ」「どこであれそれが見つかりそうな場所で」「日々移動する腎臓の形をした石」「品川猿」の5つの短編からなっています。冒頭の「偶然の旅人」は村上春樹の語り口で始まり、ある友人から聞いた話として始まりますが、他の作品は三人称で語られます。

ざっと読んだ印象は、「神の子供達はみな踊る」に近かったです。ただ、どの作品も過去の村上作品のように心に楔を打ち込まれるような重みはなくわりとサクッと読めました。村上春樹的モチーフである喪失や運命的な出来事はそれほど前面に立たず、どの物語もちょっとした不思議な出来事と比較的前向きな結末があります。最後の品川猿がちょっとだけシコリを残しますが、明確な伏線がなく不条理な印象さえあるので、「楔が打ち込まれる」という事はありませんでした。
全ての作品の共通点として、主人公が重みのある過去を抱えて生きており、おおよそ中年と言っても差し支えない世代(最後の品川猿はちょっと違いますが)なので、そう言った読者層には共感があるのかもしれません。比較的前向きな結末が多いのは、最近の村上春樹の傾向と言えます。

総じて面白いか面白くないかと問われると、取り立ててすごく面白かったとは言い難い印象でした。村上春樹的重さ中毒なので軽めの話は受け入れがたいのかもしれませんが、少なくともハードカバーを発売直後に買うには、ちょっと物足りない印象です。他の村上春樹ファンの方々がどういった感想を持たれるのかすごく興味深いところです。