個別表示

容疑者 室井慎次

踊る大走査線関連作品にはまっている夫婦として、前作品「交渉人 真下正義」に引き続き「容疑者 室井慎次」も見て来ました(踊るシリーズの公式サイトはこちら)。その感想なんぞ少し書いてみようかと思います。
容疑者室井慎次ポスター

テレビやその他メディアで散々プロモーションしてますが、一応概要を書きます。踊る大走査線では、青島刑事(織田祐二)と共に欠かせないキャラクタである室井管理官(柳葉敏郎)が今回は主役です。逃亡中の容疑者が交通事故死する事件を担当する際に、現場の行き過ぎの管理責任を問われ刑事告訴を受けます。これが警察庁と警視庁を巻き込んだ騒動に発展します。果して室井管理官はこのピンチを脱出できるか?、といった感じです。今回は青島刑事は助けに来れませんが、踊る大走査線TheMovie2に登場したキャラクタが活躍してみたり、踊るシリーズを見ているとちょっと嬉しい演出のもあります。

警察組織の問題点をテーマに、徐々に黒幕が明かされていく…というサスペンスな展開を期待すると若干肩透かしを食らうかもしれません。というのも、あんまり伏線らしい伏線はなくむしろ突発的に事態が変っていきます。本当に最後の最後まで事件の黒幕(というか真実)は明かされませんし、新城審議補佐官(筧利夫)以外はほとんど事件の真相に近づけていません。ついでに言うと、田中麗奈扮する弁護人はちょっとキーキーし過ぎて頼りないです。
警察組織は警視庁と警察庁だけじゃないんだよというオチにはすっかりやられましたが、他の展開についてはどうもピンと来ない感じでした。

予告編の印象では「踊るシリーズ始まって以来の、現場ではない”会議室”のサスペンス」のイメージを持っていたんですが、良くも悪くも各キャラクタがイメージ通りに行動しストーリーが展開するエンターテイメント映画でした。踊るシリーズが好きで、話の整合性にこだわらなければ楽しめる映画だと思います。