個別表示

AVeL LinkPlayer

我が家で使っていたDVDプレイヤーでXV-Q20という製品があります。これが購入してから約1年程度たっているんですが、どうも調子が悪いです。スロットイン形式のDVDドライブがとにかくDVDを拒否するんですね。一度修理に出したんですが、再び読み込まなくなりついには時々取り出せなくなりました。約9000円で購入した割にCDやCD-Rに焼いたMP3ファイルも再生でき性能的にはそこそこお買い得だったとは思いますが、そんなにしょっちゅうディスクが読めなくなってしまうとやっぱり問題です>ビクターJVCの人達。

というわけで新しいDVDプレイヤー物色中です。どうせ買うなら今までと同じ廉価なDVDプレイヤーではつまらんと考え、付加機能のついた色々な製品を眺めてみました。高音質なレファレンスプレイヤーやみたいな物も興味があったんですが、予算的にはちょっと無理です。そこで目につけたのがネットワークプレイヤーというジャンルです。我が家にはメインPCに貯めこんだ大量のMP3及びDivXファイルがあり、これらをリビングで鑑賞できたら良いなぁと思ったわけです。必要な性能は、まず我が家で採用している圧縮形式のMP3とDivX、MPEG2及びDVDが再生できる事。それとネットワークは無線LANに接続可能で、できれば高ビットレートの動画をストレスなく最盛期できるIEEE802gが使える事です。
候補として国内メーカーのIO-DATAとBUFFAROの2製品が挙がったんですが、ほぼ同一の性能があるにもかかわらず価格に差があったので安価なAVLP2/DVDG(公式サイト)を選択しました。
外箱

それで簡単な感想を。
まず初期設定です。我が家の無線LANはWEPで暗号化されていますが、このAVLP2/DVDGはASCII配列のWEPキーを直接入力できず数字に変換しなければいけません。しかもマルチチャンネルには対応しておらず既存の無線LANの設定を少しいじる必要があったため、面食らってしまいました。また電波が若干不安定なのか設置当初はなかなかPCが見付からず、見つかっても動画再生もカクカクする事がありましたが、次第にスムーズに使えるようになりました。

そして使い勝手です。正直リモコンはかなり変則的なボタン配列です。テレビに写るインターフェイスは許容範囲ですが、ファイル数の多いフォルダから目的ファイルを捜すのはかなり不便です。特に画像ファイルの再生は表示サムネール数が少なく実用的とは言い難いです。
なのでPC側にインストールする常駐アプリケーションの方で閲覧したいフォルダを上手く整理しておく必要があります。
使いにくいリモコンメニューレイアウト画像サムネイル

とまぁかなり使い勝手に問題がありましたが、一度環境を構築してしまえばPC上のMP3やDivXファイルを再生できるのはかなり快適です。All in wonderで録画したファイルも見れるので、PCを本格的にHDDレコーダーとして運用できそうです。ただそうなってくると物欲が出てくるもので、10年もののテレビとビデオデッキを買い替えたくなりました。AVLP2/DVDGにはデジタル音声出力やD端子もあり、それらを生かせるAV環境を構築したいなぁと思う所存です。