個別表示

えきねっとトラブル

前回の更新で年始はあまりトラブルもなく過ごせたと書いたんですが、その後に大きなトラブルが控えていました。というのも帰りの新幹線の切符を予約していたえきねっとがトラブルで使えず、危うくグリーン席のチケットを買い直すハメになりそうでした。

そもそも「えきねっと」はどんなサービスかというと、クレジットカードを登録しておくとWWWで新幹線や特急のチケットを予約でき、駅の専用端末や緑の窓口でクレジットカードを見せるとチケットを受け取れるというものです(公式サイト)。このサービスの良い所は夜中でもWWW環境さえあればチケットの予約ができる所です。JR東日本でしか使えない所が難点ですが、平日の日中は駅に行くのが難しい我が夫婦には必須のサービスだったりします。

そんなえきねっとがトラブルを起してくれました。
事の始まりは、まず東京→新潟の切符を受け取る所から始まりました。緑の窓口で切符を受け取ろうとすると今持っているクレジットカードだと受け取れないと言われたんですね。どうもクレジットカードの登録番号が古いままだったので今持っているカードと番号が違うみたいなんです。ここはサポートセンターに電話をし、えきねっとから来たメールにある予約番号を元に窓口で買い直しする事で上手く凌げました。ただ支払いの時新しいクレジットカードを使おうとしたらやはりエラーが出て上手く使えなかったのが気になっていました。
そして新潟→東京の切符を受け取る時の事です。この切符も古いクレジットカード番号で予約していたため受け取りに窓口対応が必要と考え、予約していた電車の発車数時間前に窓口に向いました。すると「えきねっと及びクレジットカードを使った切符購入は全て不可能になっております。」という貼り紙が出ているじゃないですか。既にえきねっとで予約した分に関しては(当たり前ですが)手数料無しでキャンセルできるとの内容でした。窓口に聞いてみると「えきねっとが復旧するかもしれないので、発車の少し前にもう一度窓口へ来て下さい」との事。本当に復旧するのか一抹の不安を感じつつも一度窓口を離れ、予約した電車の発車時刻の1時間前に来てみました。そして再び窓口のおねえさんに聞いてみた所、「今からでは予約席の照会が間に合わないので別席を買い直して欲しい」と言われたんですね。言われた通り時間を明けて来たのに話が違うなと思いつつ、代りの席を探してもらうとなんとグリーン席しか空いていない。しかもグリーン席を買うなら代金は全額こっち持ちとの事らしいです。
古いカード番号で予約したのは明らかにこっちの手落ち(予約できちゃうシステムにも問題があるとは思いますが…)ですが、言われた通り待った挙げ句えきねっとに照会が間に合わないので自費でグリーン席を買って帰れ、というのは流石に納得がいきません。ここで妻も窓口交渉に参戦しえきねっとで予約した席を照会してもらいました。
結局5分程で照会でき予約したチケットをその場で買い直して事無きを得ました。すぐ照会できるじゃんと思いつつ窓口の思いにお礼を言って上手く新幹線に乗る事ができました。隣の窓口では同じくネットで購入したと思われる男性がおねえさんと激しいやりとりをしていました。

そんな風景を眺めつつ今回のアクシデントについて考察してみました。まず古いクレジットカードの番号で買ってしまったのは大きなミスでした。これは帰ってすぐに登録情報を修正しなくてはなりません。それからなぜこんなトラブルが起こったかについて考えてみました。公式サイト(ニュースリリース)やニュースサイト(日経ITPro)を見ても大した情報は出ていないので推測ですが、えきねっとで古いクレジットカードで予約できちゃった事と当日販売用端末でもクレジットカードが使えなくなった事を考えると、恐らくクレジットカードがらみの処理自体がトラブルを起して止まったんじゃないかと考えられます。照会自体はできていたので、多分新規予約の所がトラブったんでしょう。
今回は予約時のメールを保存しておいたので比較的早く対処してもらえたんですが、宣伝どおりクレジットカード一枚で窓口に行った場合、照会に時間がかかってグリーン車に乗ってしまったかもしれないと思うとゾッとします。自分のみは自分で守らないと怖いですね。