個別表示

遅ればせながら匠味

埼玉にいたときの話です。随分前から食べてみたいと思っていたモスバーガーの匠味、ようやく食べることができました。ありつくのに時間がかかった原因は、近所のモスでは昼2時発売で限定10食という異常なレアさで、職場(都内)のモスでは何故か売っていないという店環境が悪かったことだと考えられます。
某日のお昼、車で都心に行く用事がありここぞとばかりに近所のモスで買ってみました(ちなみに匠味チーズバーガーの方)。
匠味外見匠味中身匠味アップ
炎天下の車内での画像なんでちょっと色変ですが、匠味バーガーは上の写真のように厳めしい紙パックに包まれ、作った人の名刺が添えられて渡されます。そのパックを開けると意外に普通の風貌のハンバーガーが登場します。しかし実際に口にしてみると、ヒンヤリパリパリのレタスとあったか肉の組み合わせに、トロっとしたチーズがなんともはや絶品でした。特に肉の肉らしさといったらないですね。思わず本当にハンバーグが入っているよ、と心の中で呟いてしまうほどの肉らしさでした。
まぁわたくしもともとモス大好きっこなんでかなりひいき目な評価ではありますが、いわゆるチェーン展開している大手ファーストフードで食べるハンバーガーの中では最強なんではないかと思ったわけです。
ただモス党ゆえに思ったことが一つ。そもそもパリパリレタスやあったか肉っていうのは、モスバーガーの製品なら最低限満たしている条件なわけです。そうすると普通のモスチーズと匠味チーズの味的差って言うのは、意外にないのかもしれないなぁと思ったわけです。実際には素材の味の差はあるんですが、モスチーズと匠味チーズの値段の差も結構あるわけです。そういう意味での一般受けに関してはちょっと微妙かもと思いました。