個別表示

病院のあり方

最近僕の勤めている病院では、「病院機能評価」というのが話題になっています。どうも病院の統廃合をするにあたり、病院の善し悪しを評価しようという試みのようで、当の病院サイドはやっきになって在院日数を減らしたりにわか○×対策委員を増やしてみたりとてんやわんやの様相を呈しています。
どうんもこの病院機能評価というのは、具体的にどんな項目がどんな比重で評価されるかが不明瞭(しかも査察時期も二転三転している)なようで、上層部が提案してくる様々な改善案もどうも統一性がなく、現場の生産性を著しく低下させる物もありかなり混乱が見られます。

もしかしたらこれはブラフでちょっと脅かして現場の自律的努力で医療の質を上げるのが目的かもしれないですが、厚生省がベッド数の上限を決めている以上見せしめ的にいくつかの病院が統廃合されることは間違いないようです。まぁ僕みたいな非常勤の医者には直接関係ない事ですが、将来の医療システムの行く末を占う上でちょっと気になっているわけです。
どうもインフラの善し悪しで評価が結構左右されるらしいので、僕の勤めているような古びれた公立病院は非常に不利になります。これが今後どうなっていくか気になるところですね。