個別表示

大泉学園のつけそば伝堂はあなどれない!

最近大泉学園に新しいつけ麺屋さんが幾つかオープンしたんですが、そのうちの「濃厚中華そば・つけそば伝道」というお店がかなり美味しかったので感想を書いてみようと思います。Webで調べたところ所沢の「伝家」という家系ラーメン屋さんの関連店のようです。公式サイトはないので、詳細情報はまたもや食べログを参照のこと。

伝堂の外観
場所は西武池袋線大泉学園駅の北側を東西に走る道(大泉通り?)沿いで、大泉学園駅の西側を南北に抜ける道と大泉通りの交差点を東に曲がり、2つ目の信号あたりで左手に見えます。こじんまりしたお店なので、見逃さないように注意が必要です。開店当初は行列ができてて全然行く気が起きませんでしたが、最近は行列ができることが少なくなってきたのでやっと行くことができました。駅から徒歩で行ける距離にありますが、道路を挟んで南側に100円パーキングがあるので車でのアクセスも悪くありません。最近は次回来店時に使える駐車チケットを配布しているみたいですしね。

お店に入ると左手の券売機があり、濃厚中華そば、中華そば、つけそばの3つから味を選び、並〜大盛から量を選んでボタンを押します。内装は木目に黒を合わせた小奇麗な感じで、カウンター10席未満にテーブル席1個しかないですが、狭苦しい印象はなかったです
伝堂つけそば伝堂の濃厚中華そば
スープの基本は魚系+豚骨出汁で「濃厚中華そば」や「つけそば」は豚骨の濃厚な味が強かったです。見た目は茶色のドロッとしたスープで、つけそばだとそれに魚粉が乗ってたりしますが、豚骨や魚の臭みはほとんど感じず天下一品のこってりスープに節系の良い風味だけを加えたような感じです。ちなみに普通の中華そばはまだ食べてないんですが、季節限定ものの「和風だしつけそば」を頼んだら控えめな豚骨も魚系出汁+醤油強めのスープが出てきたので、そういうスープなんじゃないかなぁと予想してます。麺の方は中華そばもつけそばも太めのちぢれ麺でコシが強めな感じでしたが、特に個性が強い感じはしませんでした。

大泉学園でつけ麺というと「とらのこ」というお店がありますが、あそこが魚粉たっぷりの強烈な節系なのにくらべて伝堂はまろやかな旨味が主体で、自分はこっちの方が好みです。近所ということもあって早速リピートしてます。大泉学園には他にもラーメン屋さんが幾つか開店したので、しばらくウロウロしてみたいと思っています。