個別表示

つけ麺古武士に行ってきた

最近つけ麺がマイブームなので、研究会に行くついでに新宿の古武士(公式サイト)でつけ麺を食べてきました。以前から名前は聞いていたんですが、新宿駅西口の小滝橋通り沿いと言う立地からなかなか行く機会がなく、今回は研究会にかこつけて行ってくることができました。

古武士の入り口
行った日は土曜日のお昼で、ラーメン激戦区だけあってすぐ近くの麺屋武蔵は並んでいました。ところがそれ以外のお店で並んでいることろはなく、古武士も全く並ばずに入れました。さぁつけ麺食べるべ!っと颯爽と店内に入ってメニューを探していたところ、店員さんに「食券はご購入されましたか?」と店の入り口の横にある食券販売機に案内されたのはヒミツだったりします(恥ずかしい…)。
で、気を取り直して券売機でメニューを物色します。一応普通のラーメンも有りましたが、つけ麺で有名なお店なのでつけ麺を選択。麺は並の200gと大盛りの300gから選べるようになっており、今回は並盛のネギつけ麺(880円)を購入しました。席に再び座って店員さんに食券を渡すと、麺の熱さ聞かれたので「熱盛り」で注文しました。その後5分くらいつけ麺がやってきました。

古武士のネギつけ麺
つけダレはほのかに魚の香りのする醤油系で、強烈な癖はなく食べやすい感じでした。わりとマイルドな感じの旨みがあったので、豚骨とかも入っているのかもしれないです。麺はコシの強い太麺で並盛とは言えやっぱり量は多めでした。つけ麺で麺の量が多いと、食べてる間につけダレが冷めて最後はあんまり美味しくなくなる事が多いんですが、今回は麺の温かさを選べたので、最後まで冷めて美味しくなくなることはありませんでした。これは気が利いてて良かったです。
つけダレが美味しかったので最後に余ったのを飲もうと思ったんですが、麺がないとさすがに濃かったのでそれは諦めました。

最近食べたつけ麺屋さんの中では三ツ矢堂製麺に並ぶ美味しいさでしたね。Webの情報では、以前食べに行った東高円寺のえん寺が吉祥寺にオープン(寺ばっかり…)したという情報もあり、自分以内でのつけ麺ブームはもう少し続きそうです。嗚呼、つけ麺美味しい。