個別表示

iPhone3GSでカーナビゲーション

車を買い換えたときインパネ周りのデザインの統一感を生かすため、敢えてビルトインのカーナビを買いませんでした。しかし時々車で遠出することを考えると全くカーナビがないのも不便なわけで、後付けの小さなカーナビについて検討してみました。
条件としては、固定台を含めて取り外しができ買い替えの際に跡を残さない事、可能であれば音楽プレイヤーとして使える事などです。で候補に上がったのは今持っているauのW61Sの助手席ナビ、ソニーのnav-uシリーズ、PSP、iPhone3GSです。なので最初は投資額が最も安いW61Sの助手席ナビを使ってみる事にしました。これだと月間使用料315円だけで試用ができるんですね。ところが実際使ってみると目的地検索をしてルート案内を始めるまでに何度もキーを押さないといけない、しばらく操作していないとバックライトがオフになる、電池が数時間しか持たない、動作がもっさりしていて使いにくい等々不満が噴出し、結局他のカーナビを採用してみようという事になりました。

で、次に初期投資が安いiPhone3GSを試してみることにしました。iPhone3GSはGPSや電子コンパスが内蔵されているため、カーナビアプリケーションを導入すれば活用できると言うのがメリットです。候補はゼンリンの「いつもNAVI(1800〜2800円/年)」とユビークリンクの「全力案内!ナビ(900円/年)」がありましたが、Web上の評価と値段を勘案して「全力案内!ナビ for iPhone 3G」を導入して使ってみました。

全力案内!ナビ for iPhone 3G
機能は実にシンプルで、住所や地点名から目的地を検索し案内してくれるだけです。一応渋滞情報は参考にしてくれますし、地点はブックマークに登録もできるので、最低限の付加機能はついている感じです。またリルートも含め動作は結構速く、画面も大きくタッチパネルなので操作性もそこそこ良かったです。あとバックライトも自動消灯をキャンセルできますし、結構電池の持ちも良いので、正直なところ助手席ナビに戻る気はしなくなりました。
ただ、やっぱり専用機に比べるといくつかの弱点がありました。まずGPSの精度があんまり良くありません。都市部の細い道に入ると、auの助手席ナビに比べても自車位置がズレることが結構多かったです。あと長いトンネルなどでGPSを見失って電波が圏外になると手も足も出なくなります。加速度センサーもついているんでしょうけど、さすがに専用機にはかなわないところですね。

iPhone 3Gをダッシュボードに固定
まぁ不満点はありますが致命的ではないし、何せインパネとのデザイン的調和もあるので、今はパワーサポートの「SUCKERスタンド for iPhone 3G/iPhone 3G S」で車載してカーナビとして活用中です。今の車のダッシュボードは結構深いシボ加工がされていますが、このスタンドの吸盤はかなり強力なのでしっかり押し付けて固定すれば多少荒く運転しても外れることはありませんでした。うーん。なかなか満足っす。