個別表示

芦花公園のアイバンラーメン

仕事帰りにラーメンを食べたくなる事が多いので吉祥寺周辺のラーメン屋さんに寄ってばかりいましたが、最近仕事が終わった後に都心に行く用事があり甲州街道を東へ走る機会があったので、かなり昔から気になっていた芦花公園のアイバンラーメン(公式サイト)に行ってきました。そもそも芦花公園周辺のラーメン屋さんは赤坂ラーメンとか天下一品とかしか行ったことがなく、特に最近はこっち方面はご無沙汰だったので何だか懐かしい感じでした。ちなみに公式サイトによるとアイバンラーメンPlusというメニューの違うお店が経堂にあるそうなので、こっちもいつか行ってみたいですね。

アイバンラーメンの入り口
お店は京王線芦花公園駅の近く、旧甲州街道沿いにあります。芦花公園の駅から北側に進み旧甲州街道に出て左折、しばらく歩くと「丸美ストアー」という古びた商店街が見えるその曲がり角にあります。旧甲州街道沿いに100円パーキングがいくつかあるので今回のように車で行っても駐車場には不自由はしませんでした。
入口は丸美ストアー側にあり、L字型のカウンターのみ10席程度しかありません。当然並ぶことが多いようで、外で待てるようにベンチが用意されていたりします。券売機で食べたいメニューを予め決めるスタイルで、麺は通常のラーメンとつけ麺から選べ、スープは塩、醤油に加えてスパイシーレッドチリやローストガーリックなどかなりバリエーションがあります。さらにトッピングも選べるので何を食べようかかなり迷いましたが、初めてのお店ではなるべく塩を食べてみるという自分ルールに従って今回もスープは塩、ただお腹が空いてたのでトッピング多めの特製塩ラーメンにしてみました。
店内に案内される時にチケットを店員さんに手渡してカウンター席で待つこと数分、ちゃぶ屋みたいな浅い皿と深い器の2段になった特製塩ラーメンがやってきました。

アイバンラーメンの特製塩ラーメン
スープに色はついていませんでしたがやや濁りが強くてトロッとしており、その中にやはりトロトロの厚手チャーシューと味付け玉子、白髪ネギ、極細の麺が入っていました。レンゲにスープをすくってまず香りを嗅いでみると、結構魚系の香りが強いですがネギの効果か臭みはありません。そのまま飲んでみると、う、旨い、出汁がかなりしっかりしてて旨みが濃い感じです。案外オイリーなのですが全然ギトギトした感じはなく、脂というより油な感じのコクがありました。極細麺は硬め好きの自分にとっては若干柔らかいかな?という気がしないでもなかったですが、今まで食べた非博多系ラーメン屋さんの極細麺の中ではコシがある方だと思いました。

という事で久しぶりにスープを全部飲み干したくなるくらいの旨みでした。系統で言うと吉祥寺の黄金の塩らぁ麺Ayumi(もう潰れましたが…)などと似た方向性でしたが、こっちの方コクと雑味がしっかりしてて旨みが強い感じなので好みでした。
土曜日の昼に行ってもそこそこ空いてましたし、夜も比較的遅くまで営業しているお店のようなので、またこっち方面に用事がある時に行ってみたいですね。