No.106の記事

映画「春の雪」

三島由紀夫の小説で豊穣の海という長編小説があります。その第1部である春の雪が、つい最近映画化されました(公式サイト)。監督は最近話題の行定勲氏で、主演が妻夫木聡と竹内結子とキャスティング的にも旬な取り合せです。三島由紀夫ファンの自分と妻夫木君ファンの妻の要望が一致したため、早速見に行く事になりました。その感想を書いてみます。
映画春の雪ポスター

まずその前に作品の簡単な説明をしましょうかと。元々の小説は、全てに満たされたと奢る華族の青年松枝清顕(妻夫木聡、以下映画の中の呼び名に従って清様)でが同じく華族の娘綾倉聡子(竹内結子)と道成らぬ恋に目覚め破滅していくというやや耽美系なストーリーです。その破滅ぶりが三島由紀夫ファンには堪らないんですが、果して妻夫木聡にその役が努まるのかちょっと心配でした。

で映画の感想。
まず映像的にはかなりきれいで、華族社会の華美な様子を表現できていたと思いました。もとの小説の風景描写が非常に細かく、それをリアルに映像で再現できていた印象でした。
問題は心理描写です。もともと三島由紀夫の作風は風景描写に加えて心理描写もえらい緻密なところがあるんですが、映画の中では残念ながら心理描写は全くといっても良いくらいありませんでした。清様の聡子に対する気持ちの変遷がすごく面白いのに、映画の中では清様の独白もほとんどなく、僕は小説中の記述で脳内補完しないと彼の行動を理解する事ができませんでした。ましてや小説を読んでいない人が見たら、清顕は感情移入しにくいおかしな人というイメージを持って終わってしまいそうでした。実際妻は小説を読まずに見に行ったんですが、映画を見た後に小説を読んで全然内容が反映されていないと憤慨していました。

演技面では、上記の理由もあって妻夫木君は清顕を演じきれていない印象でした。特に冒頭で青くさい議論を同級生とするシーンがあるんですが、劇中で最初のセリフにもかかわらずかなりぎこちない印象で、のっけからミスキャストかもと思ってしまいました。後半になるに従って清様は普通の恋する青年になってくるので、妻夫木聡の素の演技でも違和感がなくなってくるのが救いです。それだけに、主人公の独白はもっと入れて欲しかったですね。

結論として言えるのは、この映画を100%楽しむためには小説を読まなきゃいけまないという事です。映画だけではこの作品のストーリーを追うのが精一杯です。