No.148の記事

Lifedriveがやってきた。

我が家のPDA、TungstenCは非常に好調に動作しており、まずめったにソフトリセットがかかりません。スケジュール管理に始まって、医学英語や医薬品の検索、最近は電車移動中の映画鑑賞からこのWebの記事書きまで一台で何でもこなします。そんなわけで本来であれば特に新機種を買う必要は無いんでしょうが…、買ってしまいましたLifedrive。Lifedriveって何かと申しますと、昨年発売された4GのHDDを搭載したPalmOS機なんですね。詳細は公式サイトを見ていただくとして、某PDAショップの中古販売を物色していたところ、欲しくなっちゃったんですね。
Lifedriveってこんな形

あと真面目な理由としては、最近患者さんの個人情報が含まれたファイルを持ち運ぶために暗号化機能つきHDDが欲しかったことがあげられます。実は国内メーカー製のコンパクトな2.5inchのHDDを持っていたんですが、付属の暗号化ソフトが自分の使い方に合わず上司の先生に売っ払ってしまいました。Lifedriveなら暗号化USBハードディスクとして使用できる(Palm自体に暗号化できUSBドライブモードのするのに暗号解除が必要)上に、かなり大きな液晶ディスプレイを使って端末単体で画像ファイルを参照できるというメリットもあります。最近脳血流シンチの加工画像(eZISや3DSRT)を扱う事が増えたので非常にありがたいんですね。
これに加えてTungstenCの小画面で音声モノラル出力では映画やMP3の鑑賞がイマイチであり、マルチメディアプレイヤーとしての機能も負わせたいという目的もありました。あとはBluetooth携帯電話との連携でWeb更新もできるという点にも期待しています。TungstenCとauの携帯電話を直接接続するキットはあるんですが1xWINには対応しておらず、今の所無線LANを使う以外は通信環境はないんですね。

まぁもろもろの理由をつけて買ってしまった訳です。さてどうやって使い倒していこうか考え中です。我が家では初めてのBluetooth搭載機でもありますんで、A2DP対応のヘッドホンを使ったり携帯電話をBluetooth搭載機にしてみたいですね。