No.152の記事

Bluetooth携帯電話導入

Lifedriveを購入した事でやっとBluetoothに対応した機器が我が家に導入されました。そこで念願の携帯電話もBluetooth化してみました。購入したのはauのW44TでいわゆるCDMA 1xWIN機です(au公式サイト東芝公式サイト)。約1年半前に購入したW31Sは、メモリスティックDuo搭載という点でPalmやパソコンとの連携が良くなかったんですが、今度はminiSD+Bluetooth+赤外線搭載で連携にかなり期待が出来そうです。

W44Tの見てくれ
店頭で触った感じでは、塗装の質感が若干安っぽかったりデザイン的にも突き抜けてなかったりと、正直印象はあまり良くなかったです。ついでに店頭の動作端末を触った感じでは動作がかなりもっさりしており、W31Sに比べて一呼吸置かないと次の画面に行かない感じでした。ダイアルキーも平面で押しにくく、W31Sよりも押しにくい印象でした。でも良いんですBluetoothが使えれば。
ちなみにカメラはパンフォーカスでシャッターボタンを押してから撮影するまでの時間が短く、シャッターチャンスには強そうな印象です。しかしパンフォーカスのせいかピントが甘く、クッキリ度においてはオートフォーカスのW31Sの方が良かったですね。デジカメを作っているわけでは無い東芝製品なので、まぁ細かいことはあまり気にせずいきましょう。Bluetoothついていますし。

端末自体は薄型で幅はそこそこで、この点に関してはW31Sよりも良かったです。まぁもともと携帯電話に通信機能以外はあまり期待していないんで、機能的にはこんなもんで十分じゃないでしょうか。A2DPプロトコルに対応した音楽再生用レシーバーが付属しているんで、これをLifedrive用に転用できないか検討中です。ハイ。