No.159の記事

ワインを貰う

職場の上司の先生からヨーロッパで行われた学会のお土産にワインを頂きました。そんなわけで早速テイスティングしてみました。ものはイタリアのTORRE ERCOLANA(トレ=エルコラーナ)という銘柄で、ローマ近辺産の赤ワインです。折角なのでコックオバンという鳥肉の赤ワイン煮込みを作って、それに合せて飲んでみました。
ワインのラベル

飲んでみた感想です。ぱっと飲みの印象は結構酸っぱめでサンジョベーゼのブレンドものかなと思っていたんですが、それにしてはなんとなく渋みがあってイタリアワインっぽく無いんでWebで検索してみました。チェサネーゼ、カベルネ、メルローの混合だそうで見事間違えました。味は結構オーソドックスですが、重すぎず軽すぎずしっかりとした印象でした。程良い自己主張があり料理と交互にどんどん飲めちゃうあたりが危険ですね。正直かなり美味しかったです。これでVino da Tavola(テーブルワイン)に格付けされているなんで信じられないという印象でした。あんまり飲み過ぎると勿体ないので、全部は飲みませんでしたが、自制しなければ一晩で飲みきってしまうところでした。

コックオバンの材料コックオバンのワインディナー
ちなみにコックオバンのレシピは全くの我流で、とりモモ肉をオリーブオイルでいためて玉ねぎやナス、ズッキーニ、パプリカ(カラーピーマン)と一緒に炒め、赤ワインとトマトソースで煮たものです。割と簡単に作れるし、ミドルボディの赤ワインに広くあうのでお勧めです。
たまには自宅でワインを楽しむのも悪くないですね。