No.192の記事

携帯で大戦略

大戦略Collection
携帯電話の高機能化により、携帯電話で遊べるゲームがかなり高度になってきております。一昔前のスーパーファミコンやパソコンのタイトルがほぼ完全移植されているのを見ると隔世の感です。
そんな中、自分が昔パソコンでやっていた「大戦略」シリーズが移植されているのを発見したので、試しにダウンロードしてみました。ダウンロードしたのはG-modeという会社が出している「大戦略Collection」というタイトルで、NECのPC88シリーズで発売された頃の「2国間対戦」で「交代ターン制」の大戦略でした。また携帯版は生産の概念がなく、マップ毎に最初から配置された部隊を使って最後まで戦う事になります。したがって勢力の多寡に差がついてくると逆転困難になるせいか、初期配置でプレイヤーが不利に設定されているマップが多かったです。

外勤先へ移動する電車の中でプレイしたんですが、難易度が程よく高く結構楽しめました。マップのタイトルが戦略を練る鍵になるので、その意図を汲んで橋頭堡を設定し戦略を立てれば、おおよそ問題なく勝てます。残念なのは、コンピュータのアルゴリズムが結構アホで航空部隊の燃料切れがかなり多く見られた事です。対人対戦モードも備えているので、アルゴリズムに不満のある人は2人で遊んでみるのも悪くないと思います(僕の場合シチュエーション的に無理ですが)。
コレクションというだけあって全部で15個のマップが収録されており、かなり遊べます。最初は青軍しか選択できませんが、青軍で全てのマップをクリアすると最初は選択できなかった赤色陣営を選択できるようになります。青赤で難易度が逆転するのに加えて赤軍は動かせない配置のユニットが多く、意外に戦いにくいので結構楽しめました。

そういえばPalm版もあったなと思い出して検索してみると、販売元は既になくなっていましたがPocket Vectorに紹介記事が掲載されていました。昔レジストしたかどうか判然としませんが、今はHandangoくらいでしか購入できないようなので買っておこうかと検討中です。